FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (198)
猫 (115)
犬猫 (128)
パンドラ (200)
未分類 (8)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

シェリーちゃんの7年忌
s130628.jpg
車の後部座席に座るシェリー

6月28日は、シェリーちゃんの祥月命日です。
今年は7年目にあたります。

シェリーのお骨は、ずっとリビングに設けた祭壇に納めていたのですが
ちょうど、7年の区切りに、土に(地球へ、あるいは、宇宙へ)返したいと思っていました。

仏教で言うなら、6年目の昨年が7回忌にあたるらしいのですが、
その時には、気持ちの上で返しそびれてしまいました。
少し、迷いがあったのです。(動物霊園に納めようかな?という)

今年は、その気持ちがふっきれて、
シェリーが駆け回って遊んだ お庭の桜の木の根元に散骨しよう
と、決めていました。

朝、父さんとふたりで、桜の木の根元に、可愛い穴を掘って、
そこに小さく砕いたお骨を入れました。
土をかぶせて、その上にお線香を手向けました。

「シェリーちゃん、私たちと共に過ごしてくれて、ありがとう」
「ここで、楽しく遊んでくれてありがとう」
「一杯、愛と幸せをくれて、ありがとう」
関連記事
スポンサーサイト



かつよ
もう7年ですか。早いですね。
小犬のシェリーちゃんも見た事のある私。あれから色んな事がありましたね。
骨ですが、小さい入れ物に少し入れて首からかける小物(ロケット?というんでしたっけ?)も、火葬場によっては売っているようですね。シェリーちゃんの時はありませんでしたか?
2013/06/30(日) 14:12:30 | URL | [ 編集]
パンドラ
かつよさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

シェリーが子犬の頃に、会ってもらったことが
あったんでしたっけ。すっかり忘れていました。
シェリーが逝ってからの7年の間に、私の身辺だけでも
いろいろなことがありました。。。

お骨を入れてペンダントにするのは、
カロートペンダントと言って、私も持っています。
それは手元に持っていますが、骨壷に入ったお骨を
お墓に入れるように、慣れ親しんだお庭に散骨しました。

ずっと見守ってくれていたであろう、シェリーに
「これまで、ありがとう。もぉ、いいよ。」という気持ちで、
区切りをつけました。
2013/06/30(日) 17:14:28 | URL | [ 編集]
バジルのママ
シェリーちゃんもう7年もたったのですね。
シェリーちゃんは慣れ親しんだお庭に埋葬されて、きっと喜んでいることでしょう。

実はうちもランとバジルのお骨が今もそのまま置いてあるのですよ。ランは十何年もたって懐かしい思い出になりましたが、バジルの方は逝って5年になるのに、いまだにその死を受け入れられないのが辛いです。具合が悪くなってからあっという間でしたから、どうして?なぜ?とても納得がいかなくて、もっと適切な治療が出来なかったのか等・・悔いが残っています。
マンション住まいでは、いずれ動物霊園に埋葬するしかありませんが、遠く離れてしまうようで寂しくて決心がつきません。

パンドラさんはこれからもずーっとシェリーちゃんがそばにいてくれるのですね。て本当に良かったですね。
2013/07/03(水) 19:02:04 | URL | [ 編集]
パンドラ
バジルのママさん、コメントありがとうございます。

人はそれぞれ想いが異なりますから、誰に遠慮することもなく自分の気持ちに素直に従うのが一番なんだろうと思います。

私も、6年目の昨年は決心がつきませんでしたが、今年はできました。
それには、ちょっとしたきっかけも、ありました。
ご主人を亡くされた方が、ご主人のお骨を手放せないでいたけれど、「お骨に魂が宿っているわけではないのだから、はやく納骨をされた方がいいですよ」と、お坊さんからアドバイスを受けて、お墓に埋葬しました、というお話を聞いたことで、決心ができました。

人間と一緒にするなんて不謹慎と思われる方もいらっしゃるでしょうから、おおっぴらには申しませんけれど、私にとっては人間も動物も同じ家族です。

「千の風になって」でも、「わたしはそこ(お墓)には居ません」と歌っていますしね。でも、なにより一番大きな変化は、そのことを受け入れられる自分になったということだと思います。

バジルのママさんも、いつか、きっと、自然にバジルくんの不在を受け入れられる日がくると思います。その時まで、どうかそのままで~。
2013/07/03(水) 21:17:49 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバック URL:

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.