FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (198)
猫 (115)
犬猫 (128)
パンドラ (200)
未分類 (8)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

不思議の国の「シェリー」(マリチ先生にACして頂きました)
200505a.jpg
シェリー

200505b.jpg


友の先代犬にあたる、シェリーちゃん
亡くなってから14年目になります。

この前、マリチ先生に友ちゃんの
アニマルコミュニケーション(AC)を
お願いした時に、友も「知っています。先輩です。」
と答えていましたし、実際マリチ先生のところへは
シェリーは、存在をアピールしていたようなので、
本当は14年経っていると、難しかったりするみたいだけど
きっと、現れてくれると信じて、シェリーちゃんのACを
お願いしました。

4月7日、この日はトムが、お空に還る準備を始めた日です。
この日、マリチ先生がシェリーの魂と交信してくださいました。

 
それは、本当に幻想の世界でした。
上橋菜穂子さんの守人シリーズのようでもあり、
不思議の国のシェリーちゃんのようでもあり・・。
壮大なファンタジーというか、物語がくりひろげられ、

中世ヨーロッパの深い深い森の中に、
私とシェリーと友が一緒に存在していた時がある。

鳥肌たってしまいました。

シェリーは、地球上では、白銀のオオカミ(のような動物)のリーダー
であり、かつ半分は、地球のエネルギー層とは異なるところにいる
スピリット。とても霊的なオオカミと思ったらいいのだろうか。

白銀のオオカミのグループの中の召使的な存在で
純粋に地球上の動物だったのが、友。
友はシェリーに仕えているのだけれど、
シェリーからとても可愛がられていたらしい。

私は、友の報告の時と同じ、
その森の奥深くに潜み、隠れ住み、
薬草を育てて、森の動物たちの治療をしていた。

シェリーは、グループのメンバーが
私の治療を受けて、身体を癒していたことの
お礼として、私を見守るため、飼い犬(シェリー)になって
今生の私のところへ来てくれた。

(何しろ、シェリーは霊的な存在でもあるので
存在するだけで、邪気を払う能力があるのだそうだ)
↑それは今のシェリーがうちを見守りにきてくれる時の話

友ちゃんは、大きな動物に転生した時に
やはりその森に住んでいて、今度はひとりで
私の治療をこそっと受けていた。
そのお礼が言えるように、今生の私のところへ
来た、と本人は言っていたけれど・・

実は、やっぱり、それはシェリーが手配して
いたのでした。目をかけていた友ちゃん、
なかなか上手に生きれない子なので、
私の元に来るといい、と思ったそうです。

シェリーは、宇宙のかなたから、そうやって
大きく俯瞰して見ているのだけど、
友ちゃんにはそういう能力はなくて
シェリーと一緒にいたころのことは覚えていないらしい。
シェリーの導きで、うちへ来たことも知らないらしい。

うちでの、犬としての暮らしは
体がとても辛かった。病気は苦しくて、
もうコリゴリ。

でも、家での生活は楽しかった。
母さんの声を聞くと、甘えたくなる。
シェリーという名前も大好き。

最後に喉を詰めた時、苦しくて苦しくて~と
もがいたら、私に助けられ、「あぁ、よかった~」と
思ったら、それが最後になった(その後、心臓発作を起こした)。

今は、母さんのいた森の、エネルギーの層の異なるところ
そこは、特別な場所。自分たちスピリットが初めて
肉体を持って、地上に降りたところ。
そこはとても神聖なところ。そこに居ます。

そんな壮大なお話を語ってくれました。
関連記事
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック URL:

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.