FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (198)
猫 (115)
犬猫 (128)
パンドラ (200)
未分類 (8)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

「ねばならない」から解き放たれる
私と夫がオカリナを習っている先生は、

ちょっとすごい


夫は音楽については、ほとんど経験なし

新しい曲を練習する時には、楽譜とにらめっこして

私の何倍か時間がかかってしまう。


今は1月に何回かあるオカリナデュオ演奏会の

練習に取り組んでいる。


新しい曲は、まずやりたい曲が先にあり

それに、夫がメロディ担当で

私が、ハモリ、もしくは伴奏系を担当

その伴奏系を先生と一緒に作るところから始まる。


ふたりで合わせながら、私の方の楽譜を作っていくのだけれど

私の頭の中では、夫は(メロディは)、楽譜に忠実に演奏すべき

というのが、当たり前のように存在していた。


で、たとえば1番から2番へ繰り返す時に

何拍目で繰り返すかというのを

楽譜どおりに数えていなくてはいけない、と思っている。


夫はなかなか正確にというのが難しい、

それを正そうとする私に、先生は当たり前のように、一言


「メロディが演奏し始めたら、伴奏が合わせればいいことで、

クラシックの曲じゃないのだから、その辺は、自由にやればいいのよ、

その場で臨機応変に、毎回違っていてOK、どんな風にでもOK」とおっしゃる。


がが~~んと私の頭のねじがゆるめられたような・・・。

「ねばならない」を握りしめて、苦しくしてたのは

自分なのだ、と気づきました、とさ。
関連記事
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック URL:

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.