FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (170)
猫 (101)
犬猫 (107)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゼミの先生のこと
161120a.jpg

大学を卒業してから40年
最後に大学へ出向いたのは、社会人大学に通っていた頃で今から16年前。
そこで「パソコン入門」とか、「英語でインターネット」とかの講義を受けて
そこから私のパソコンライフが始まりました。

とそれはさておき。
土曜日にゼミの先生の最後の同窓会が開かれることになっていて
30年くらい会っていなかった大学時代の友人と待ち合わせて
出席してきました。

前の同窓会(ゼミ)は8年前で、その時は介護の真っ最中で
出席できませんでした。
その時に出席した友人の話では、
その時は先生が病気を発病された頃で、それが理由かどうかは不明ですが
大学も退官された時だったようです。

先生のご専門は英米語のレトリック(修辞学)
代表的なのがアメリカ大統領の就任演説のようなものの分析。
英語で書かれたスピーチ原稿が、誰をどのように説得するためのものであるか、
そのためにどういう言葉と言い回しを使っているかを分析する、
っとものすご~く簡単に言ってしまうとそういうことではないのかと、
私は思っています。

言葉を操る人であるのに、
パーキンソン病を患われて、言葉が巧みに出てこなくなってしまったという
ストレスはどんなに大きかったのだろうかと思います。

ですが、この8年の間に、リハビリと薬の進歩で
ずいぶん、進行を抑えられるようになって、
症状が落ち着いてきたとおっしゃっていました。

8年前には、少し暗い印象だったと聞いていますが、
今回は、悟りを開いた姿と言えばいいのでしょうか、
つらい気持ち、やり場のない怒りみたいな気持ちを最初はお持ちだったと思うのですが
それを通り越して得た優しさと、周りへの感謝のような気持ちが
あふれているように感じました。

ユーモアも交えて、オバマ大統領の広島演説をミニ講義してくださいました。(30分ほど) 
幹事さんの話によれば、その講義をすることは、今の先生にとっては
とてつもなく大変なことだったに違いないということでした。

どうしても、うまく表現する言葉がみつからないのですが、
順風満帆、ばりばりに活躍していらっしゃった方が
病を得て、一旦は絶望の淵に落ちて、
そこから、別の境地にたどり着かれた姿と言えばいいんだろうか。
そういうことは、何もおっしゃらなかったのですけれども、
私には、そういうふうに見えました。
ゆったりした話し方、震える手足、おぼつかない歩き、
その姿から後光が差して見えました。

90人の参加者ひとりひとりと言葉を交わしてくださり、
私のことも覚えていて下さるとおっしゃっていただき、
感動の面持ちで帰ってきました。
関連記事
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック URL:

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.