FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (170)
猫 (101)
犬猫 (107)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

K先生のこと
1449376421834.jpg

クリックして、さらに拡大してください。
「乳がん防げ 最期の願い」
2015年11月28日(土) 中日新聞夕刊


「乳がん」という文字と、笑顔の画像に吸い寄せられました。

K先生に違いない。
そうあって欲しくない。

そんな気持ちがせめぎ合いました。


今から40年近く前、
大学の就職課で、就活先を探していた時に、
某大学病院の医師会秘書募集のチラシをみつけました。
その時の連絡窓口がk先生で、私はk先生の面接を受け
採用して頂きました。

新聞で見たきれいな白髪は、30代だった当時は
ベートーヴェン先生と親しみを込めて呼ばれていらっしゃって、
もじゃもじゃの黒髪でした。

豪快で、優しくて、頼りになり、看護師さんや患者さんにも、
とても慕われていらっしゃいました。


「今年で年賀状は最後とします」という年賀状を頂いた時
それが、ご病気の為だということに、不覚にも、
全く気づきませんでした。

ご病気がわかってからは、一患者として、医療と向き合い、
最後には、生涯かけて研究、診療された「乳がん」に関する
全てを著書に残して下さった。
心から尊敬しています。

ご冥福をお祈りしています。
-------------------------
ものいう患者」 参加する医療を求めて
幻冬舎 小林俊三著

乳がんの処方箋」 後悔しないためのリスクと対策
幻冬舎ルネッサンス新書 小林俊三著
関連記事
スポンサーサイト



ぶんぴ~
新聞に載っていたのですね。
最近、夕刊を読まなくなってしまい、気が付きませんでした。
この先生の事は存じ上げないのですが、
良い先生がいらしゃったのですね。

乳がん検診、2年ぶりにこの前受けてきました。
幸いなことに、女性の検査医でマンモグラフィーも痛くない、
という病院を見つけましたので
いつもそこでお世話になっています。
2015/12/08(火) 20:26:13 | URL | [ 編集]
パンドラ
ぶんぴ~さん、こんばんは。

いつも、コメントありがとうございます。
今朝は冷えましたね。

ぶんぴ~さんも、2年おきに検診をうけていらっしゃるのですか。
私も、近くの病院で、そうしています。
今は受診者に配慮して、女医さんのところが多いですね。

母が80代で乳がんの手術を受けたので、
年齢が上がっても、ちょっと気になるところです。

K先生には、在職中たいへんお世話になりました。
30年以上、お会いしていなかったけれど、
記事が目に入った時に、衝撃が走りました。

寒くなりましたので、お体大切にお過ごしください。
2015/12/08(火) 21:26:38 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバック URL:

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.