FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (170)
猫 (101)
犬猫 (107)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にゃん吉くんの病気
151202.jpg
左から、トム、み~、にゃん吉

にゃん吉くんは、一度獣医さんに行って処置を受けると
一旦は快復します。しかし、その後投薬を続けていても
やっぱり、少しづつ緩くなり、下痢にまでなってしまいます。

それで、昨日も5回目の受診になりました。
糞便検査、血液検査など受けても、お腹を壊す原因が
みつかりません。

いわゆるお腹痛でも、ありません。
ステロイドを使うと、一旦良くなるということから考えて、

「炎症性腸炎」では、なかろうかということになりました。

何らかの理由で、小腸に炎症が起きて、炎症が浸潤していく
ようなものらしいです。謂わば自己免疫疾患で、ステロイドが
有効だという説明を受けました。

治療は長期に渡り、効果のでる量のステロイドを投与して
症状が治まるのを見定めてから、徐々に量を減らして行き
最終的には、再発しない最小の値をみつけて、それをずっと
維持するのが、普通のやり方だとか。

症状が長引けば、衰弱したり、合併症が起きる。
ステロイドを多用し過ぎれば、副作用が起きる。

シェリーがかかったクッシング症候群は、猫では少ないそうだけど、
でも、ないとは言えないのではないかと思う。

我が家では、友とともに、若手の部類のにゃん吉くん。
頑張って、闘病しようねと、誓ったことでした。
関連記事
スポンサーサイト



バジルのママ
にゃん吉くん、一寸心配ね。今までは確か、トム君はよく便秘してたけど、にゃん吉君は丈夫だったのでは?

クスリを飲んだふりして頬っぺに隠して後でプッと吐き出すなんて・・にゃん吉君に、思わず笑っちゃいました。
ステロイドが効い元気になるといいですね。



2015/12/04(金) 15:33:43 | URL | [ 編集]
パンドラ
バジルのママさん、こんにちは。
寒くなりましたね。お元気ですか。

トムの便秘も継続中。
にゃん吉くんは、下痢の治療中とややこしいです。

今はステロイドを最大値にして、
下痢は治っています。
さて、これから、ステロイドを
どのように離脱していくかということなんだそうです。

といっても、完全に抜くことはできないそうで、
最小、下痢にならないところで維持する、
その値を見極め中です。
薬をひとりで飲ませるのはなかなか大変です。

いつも応援ありがとうございます。
2015/12/05(土) 09:12:35 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバック URL:

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.