FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (203)
猫 (117)
犬猫 (130)
パンドラ (200)
未分類 (8)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

股関節を傷めたらしい
200831a.jpg
これは今日の様子ではないのですが・・

名古屋は連日の猛暑。
連日エアコンフル稼働しています。

犬猫たちも暑すぎないよう、冷え過ぎないよう
水分がとれるよう
いろいろ気をつかいます。

我が家は、とうとう老々介護になってしまいました。


夜は友は人間の寝室で一緒ですが
足が弱ってきたことがあって
寝返りが思うようにできず
どったんばったん・・大きな音をたてるので

夫は全然気づかず寝ていますが
私は、お母さんの授乳体制になってしまい
ちょっとした音にも目が覚めてしまいます。

夜は早く寝るようになったけれど、
毎度2時、4時、5時起床のパターンは
変わらず、朝起きた時には、どうもすっきりと
しません。

昨夜も同じような感じだったし、
確か3時におむつ交換したのですが
その後、また友はひと眠り
5時過ぎに自力で起きてきたのですが・・

散歩に行くと、何故か右後ろ脚が
むなしく空を蹴る感じ・・
あれぇ、と思ったけど
抱っこで帰るには遠く
足をマッサージしつつ
ゆっくり家に戻りました。

家に戻っても歩き方が変
寝かせても、寝たまま後ろ脚が
宙を蹴っている。

こういう時・・・
胸がドキドキして、過呼吸になりそうになる。

で、友と自分にレスキューレメディ。

友はあるがままなので、

私は自分が落ち着くことに専念。
目を閉じて、深呼吸を繰り返しました。

友は涎が出てきて
不穏な感じになりかけていたけれど
ご飯も少し食べて
眠りました。

9時に獣医さんが開くので
夫に手伝ってもらって
受診することにしました。

そのためにも
レスキュレメディ

何となくざわざわしていると
にゃん吉も雰囲気を察知します。

だから、私が落ち着いて、
みんなに大丈夫だよ~~っと声掛け。

ひざの靱帯が伸びたりしたのかとも
思ったのですが・・
股関節が傷んでいたようでした。

獣医さんについた時には
散歩から3時間経っていて
少し落ち着いていました。

股関節に炎症があるようで
ある姿勢をとると痛みがある

本当はレントゲンで確かめたいけど
友ちゃんはデリケートなので
ショックになるといけないので

ひとまず、抗炎症作用のある
サプリで落ち着くかどうか見てみましょう

ということになりました。

丸く対処してもらえて
有難かったです。

今はすっかり、大丈夫な感じです。
関連記事
スポンサーサイト



激しく ゲボツ
200822a.jpg
寝起きはしっかり立つことが難しくなりました(フラフラ)

一昨日の夜のことです。

友とにゃん吉のご飯が済んで、
それから人間の夕ご飯が済んで

それから、友にミルクを飲ませておいて
(ひとりで飲ませると場所が分からなくなって
危ないけれど・・やむを得ず)

にゃん吉を猫専用部屋にお閉じ込めするため
おやつを持って2階へ上がります。

そこでおやつを食べさせて、
それからにゃん吉のお口のお手入れをして

それから友のところへ戻って
今度は友を2階へあげる準備をします。

友のところへ戻ってみると

ソファの下の隙間に挟まって
もがいていました。

ミルクを飲んでいるうちに
場所がわからなくなって
隣の水の上に入り込んだかもしれません。
おむつの外側が濡れていました。

もがいている友を引っ張り出すと
涎が一杯です。ポタポタ
たぶん、どうしても起き上がれず
恐怖に憑りつかれた~

友が涎をポタポタ垂らす時は
恐怖の合図。

やばい、と思う間もなく
食べて間もない夕ご飯を吹き出しました。

片付けて、口の周りを拭いて
横になるかな~~と思っていると、

第2弾のおう吐がきました。
こんなに胃の中にあったの?というくらい
すべて吐き戻しました。

もう一度、片付けて、
友をさっと綺麗にして、
レスキューレメディを耳とか肉球とかにつけて
そっと横にしました。。。

どうやら落ち着いたようです。

以前、獣医さんへ連れて行った時と同じ
怖くなって、涎が出て、おう吐する。
のパターンになりました。

もう、私は、エアコンの中なのに
全身汗びしょ。
友はなかなか動悸が静まらない。

悪いものを食べた、というわけではないので
気持ちが落ち着けば、大丈夫です。

やはり、ひとりで、
飲んだり、食べたりは危ない、ということです。

その夜は熟睡して、翌日は
ゆるゆると食べさせて、
今日は正常にもどりました。


関連記事
歯周病と腸内環境
200819a.jpg
35度を越える日が連日続き、友ちゃんもにゃんちゃんもゆる~い冷房の中で過ごしています


やっと、歯周病と、にゃんちゃんの便秘や下痢の繰り返しの
意味がわかってきて、「そっか、大丈夫だぁ~」と
本当に思えるようになりました。

獣医さんの若先生から、にゃんちゃんの下痢は
歯周病菌の影響だろう、とは言われていましたが、

具体的にどういうことか、
じゃあ、どうしたら防げるのか
分からないでいましたが、

「歯周病と下痢」でググってみた時に
出てきました。知りたい答えが。

犬猫サイトで探しても、なかなかみつからなかったのですが
人間の、腸内環境の方から逆引きで見つかりました。

歯周病菌のうちの一種が腸に入ると
腸内フローラを乱すこと、

また、歯周病だと、口の中のカンジダ菌が増える
それが腸内に入ると、それを排出しようとして
下痢になるというのもありました。

と、腸内を整えるのには、どうすればよいかと言えば
歯周病菌を減らす、口を綺麗にする、、、になるわけで、

それができないから困っているのですが、

やれるだけのことをすればよいので、

嫌がっても、口の中の殺菌だけは極力する。
やっただけの効果はあるのだから。

諦めない。

そう思ってます。


殺菌以外の方法も見つかりました。

ひとつは乳酸菌を摂る。
これが、今までは、ご飯に混ぜていました。
でも、これだと、胃酸で死滅してしまうということが
最近わかり(間違ったことをやっていたんだ)
わかったということがありがたかったです。

お腹がからの時に、乳酸菌を飲み物で溶いて
ぐっと飲ませます。胃酸が出てくる前に
腸へ直行です(笑)

友ちゃんは自分で飲んでくれるけど
にゃんちゃんは嫌がるので、
シリンジで強制的に飲ませます。

それから、もうひとつ見つかりました。
納豆菌が有効。

ほおう、友ちゃんは納豆をご飯に入れていました。

にゃんちゃんは初挑戦。
お口が痛くなく食べられるか、
納豆が食べられるかが問題ですが、

味は大丈夫です。
あとは、粉々にして流動食に混ぜる必要があります。
歯に挟まると、歯が痛くなるぅ。
すりこぎで、ごりごりひいたりしています。

はっきりと、下痢の原因が理解できたことで
気分がすっきり・・

完全に解消にはなっていませんが、
ぼちぼちやります。

体重は久方ぶりに4.0kgになりました(やったーー)
関連記事
あら、まあ
200810b.jpg
水入れの中にお尻がハマりました

友ちゃんの食事介助、
時間がある時には、できるだけするように
しています。

なかなか、きれいに食べることが
難しくなりました。

食べている途中で
ちょっと口元がご飯からずれた時

とか、食べ終わってから
こんな風に、どこへ行ったらいいのかとか

本当に不思議な世界にいます。


手伝ってあげなくちゃとは
思うけれど、

ついつい、画像に撮ってしまいます。

可笑しくて・・可愛くて・・
関連記事
暑くなって居場所が変わりました
200808a.jpg
ここはピアノの上

梅雨が明けて
すっかり暑くなってきました。

にゃん吉くんの居場所は2階から1階へ
移動しました。(勝手にです(笑))

とにかく、臆病さんなので
今までのようにトムに連れてきてもらわないでは
自分では何もできない子だったんですけど

偉いですね。
ちゃんと、自分の意思で行動するように
なってきました。

1Fと2Fでも温度差がある上
ピアノの置いてある部屋は
北の部屋で、さらに気温が低いです。

風を通すと、かなり涼しく(?)いられます。
ピアノの上に、頑張って上がります。
下にもクッション置いています。

夜は2階の猫部屋です。
そこで、夜の最後の歯のお手入れをします。

やっぱり、怖いし、嫌いなんですが、
しなくちゃいけないのかな、とは
分かっているようです。

私が行くと、キャットタワーの向こうに
隠れます。
私も、できるだけ、強引なことはしないで
にゃん吉の自主性を重んじたいと・・・
隠れているにゃんちゃんに
「おいで」と声をかけ続けます。

じーーーっと見ていますが、
半分くらいは、諦めて
自分の方から、クッションの上に戻ってきます。

そしたら、ほめて、歯のお手入れです。
おかげで、化膿しないで
何とか自力でご飯が食べられています。

下痢も治っています。
関連記事
やっぱり怖い?
200805a.jpg
何となく、おびえた感じ??


友ちゃんも、にゃん吉くんも
同い年で、老年で、どちらも歯周病。
もちろん、にゃん吉くんの方がひどいけれど。

で、ふたりとも、それなりに私が対応しています。
できれば、現状維持ができますようにと願いを込めて。

そこで、問題は嫌がった時にどうするか。
というより、嫌がるけれど、そこをどうするか?
です。

嫌がることはしない、なら、
そのまま二人とも、確実に悪化します。

なので、多少嫌がっても、
少しづつは慣れる・・というくらいを目安にしています。

友もにゃん吉くんも、繊細さは一緒かと思います。

今日は友ちゃんの話。

友ちゃんは、先回、獣医さんで
口を開けられて、歯に触られたことで
大ショックをうけ、
涎の海、おう吐、水分、食べ物一切受け付けず
になってしまいました。

認知症になる前には
私が口の中に指を入れて
くるっとふき取るくらいはできていました。

が、今はパクっと噛みつかれて
口を開けてもらえないので、
それもできず・・

ただ、眠っている時間が増えて
眠っている間に、かなりできることが増えました。

口の中はささっと表側だけ拭いて
熊笹エキスをちょちょっとつける。

乳酸菌は味が悪くないので
べちゃべちゃとつけたり、飲んだりできます。

で、そんないい加減な方法だけど、
やらないことが、ゼロというか、マイナスだとしたら、
プラスほんのちょっと、くらいのことはできていました。

昨日もそんな具合でやっていたのですが、
ちょっと目が覚めかけていたところで
決行したら・・・

起き上がって、涎をポタポタポタポタ垂らし始めました。
慣れてくれたかなぁ~と思ったけど、
やっぱり怖いようです。

レスキューレメディを使って、そんなにひどくはならずに
すみましたが、友ちゃんの場合は熟睡中のみ、ということに
します。
関連記事

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.