FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (198)
猫 (115)
犬猫 (128)
パンドラ (200)
未分類 (8)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

友ちゃん好調、にゃん吉頑張れ
200625c.jpg

まだ、何とか頑張って散歩に出かけます。

割とさっささっさと歩けることも多いです。

以前から知っている人に出会うと

前とは打って変わって、

ぽわぁ~んとしていて、結構触り放題になっています。

故に、昔を知る人からは大喜びされます。

「うわぁ~ん、友ちゃんに触ったぁ~」って

2年近く、お風呂に入っていないのに

「きれいねぇ~」なんて言われて、

幸せわんこです。

4時起き、午後は8時就寝が板についてきました。

200625b.jpg

にゃん吉くんは、獣医さんでのエコー検査が

大大トラウマになってしまいました。

その後にうんちが出なくて、心配して連れて行った時には

怖くて怖くて、震えてしまいました。

家に帰っても、その日はご飯を食べることもできません。

うんpは翌日、無事にお出ましになりました。

ところが、翌日、急にご飯中涎が出てきて

食べるのを止めてしまいました。

歯が痛そうでした。

でも、流石に、獣医さんへ連れていっては可哀そう。

連れていったら、無理やりにでも

牙を抜かれます。

それに、ご飯が食べれないのは、消化器系の病気の可能性があるので

是非、腹部エコーを、と言われます。

確かに、血液検査では、悪性腫瘍かも・・と言われています。

でもですねぇ、にゃん吉の心を置き去りにしてはいけないと思います。

と言っても、私も、にゃん吉の繊細さをきちんと説明できてないので

いたしかたないかも。

で、それから1周間たって、

ぼちぼち、ご飯も食べれています。

今日、良く見ると、牙が当たる

下唇が傷になっているのがわかりました。

でも、化膿することもなく、治ってきているふうです。

このまま、慎重に、様子をみていこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト



獣医さんへ行った帰り道
200616a.jpg


もう、1ヵ月以上前から
友ちゃんの狂犬病予防接種を受けなくては・・
と思っていましたが、
なかなか、体調よく、タイミングよく、が難しく。

やっと今日は決行できました。
体調もだんだん落ちていくので、
あまりゆっくりもしていられません。
でも、今日は、準備万端、R.レメディの力を借りて
出かけました。

ひとりで車に乗せていくための準備もしていました。
乗用車の後部座席をフラットにして、
そこで自由にしていられるようにセットしました。

行きはリードをつけて
リードを後部のシートベルトに縛り付けました。

ずっと寝ていてくれればいいけれど
どうしても動くし
かと言って足元はおぼつかないし

獣医さんへ着いてみると
リードが足に絡まってしまっていました。

獣医さんでは、
簡単な問診、診察を受けて
心臓の機能が落ちてきていること
腕が少し浮腫んでいること
心拍がゆっくりで、徐脈もある。
あまり、歩けないのでは?と聞かれました。

浮腫みはちょっと気になっていました。
いわゆる浮腫みには、ちょっとまだ間があるとか。
あまり、暑い中、遠出などは要注意ということでした。

狂犬病予防接種は多少、量を考慮してもらいました。
あと、肛門腺絞りも無事にできました。
と、獣医さんでは、問題ありませんでした。
診察中は涎がでてきましたが、
家に帰ってからはそれも落ち着きました。

今日は本当に、おりこうさんでした。

ところが、帰り道
獣医さんは近くて、車で5分くらいなので
助かりますが、
でも、今日は長く感じました。
行きがリードが体に絡まってしまったので
帰りはリードなしで後部に乗せました。

ところが、国道へ出たところで
後ろでウロウロ動き始めました。
それでも、後ろにいてくれたら、まだ良かったのですが。
あっと思ったら、運転席と助手席の間の隙間から
前に飛び込んで(滑り込んで)来てしまいました。

国道で運転中です。
冷や汗かきました。
友がパニックにならなかったので、助かりました。
助手席の上に伏せさせて、左手で胴輪をつかみました。
ずっとつかんだ状態で片手運転しました。

友はくねくね動くし、手を離せば助手席のまえに
落ちるか、運転席に乗り上げるか、
顔の方に手を出すと、噛むし・・
国道が渋滞していて、ゆるゆるしか動けず、
助かりました。

何とか、信号3ッ目で側道へ右折し
止まることができました。

はぁ~~~、何とか無事に帰ることができ
友もパニックにならず、おう吐もせず、
涎も出ず・・何事もなかったような感じでした。

あぁ、よかった~~~。
でも、もう、私ひとりでは獣医さんへ
連れていけないということははっきり分かりました。
関連記事
にゃん吉のアニマルコミュニケーション
200614c.jpg

友が「金色のしっぽ」さんから
フィラリア予防薬摂取後の肝臓ケアヒーリングを
受けているので、先着何名さまということで
サービスでアニマルコミュニケーションをお願いできました。

いろいろ心配ごとが重なっていた
にゃん吉をお願い致しました。

にゃん吉くんは、亡きトムから遺言を聞いていました。
ボクが逝ったら、今度はにゃん吉が、ボクがしていたように
母さんのことを見守りなさい。
」というものでした。

トム君、母さんのこと守ってくれていたんだね、
ありがとうねぇ。と私は改めて思いました。

にゃん吉は、トムが居なくなった自分の悲しさだけでも
いっぱいいっぱいなので、
「トムに言われたけど、僕、もう疲れてしまった。。。」って。

かあさんはひとりで頑張り過ぎてる。
もっと力を抜いて。。


かあさんが慌てて、バタバタすると
僕は胸がドキドキする・・。
もっとゆるゆるになって。


とか、にゃん吉は、猫友達(動物友達)は欲しいけれど
人間にはあまりかまって欲しくない。
そっとしておいて欲しい
、というメッセージを
伝えてもらいました。


なるほど、にゃん吉の体調不良は、
やはり、精神的なストレスが、一番弱いお腹の調子に
なって表れていたということのようでした。

私が心配すれば心配するほど、
解決策を探して、いろいろ試せば試すほど、
それは、にゃん吉を追い詰めていたんだなぁと
何となくそういう気はしていたけれど、
やはりね、って思って・・

私はにゃん吉や友に精神的な負担をかけないためにも
自分がリラックスすること、身体を休ませることを
優先しようと思いました。

そこで、まとまった睡眠がとれるように
ほんのちょっとした工夫をしたら
自分もとても楽になり、
そしたら、俄然気持ちの余裕も出てきて
ゆるんできました。

そしたら、にゃん吉の下痢が・・
今のところ止まっています。

金色のしっぽ」さん、いつもながら
適切なアドバイス、ありがとうございました。
関連記事
梅雨入りしました
200611f.jpg
ラベンダーが咲き始めています

全国的ですが、東海地方も梅雨入りしています。

じめじめ暑いです。

今年に入ってから、友ちゃんはボケボケ度は進みましたが

癒しのわんこ度はあがり、手はかかりますが、

癒されます。

200611b.jpg
どこから顔出すの?

ご飯が食べたくて食べたくて・・

というか、食べたの忘れて?

台所でくっついて離れません。

200611c.jpg
はまり込むのも得意

前にしか進めないのに

行き止まりのところへ入りたい。

200611d.jpg
行き倒れ

疲れてしまったら、あっという間に行き倒れ

200611a.jpg
この座椅子が一番のお気に入り

にゃんちゃんは、孤高の猫ちゃん

べたべたするのは好きじゃなくて

ひとりひっそりしています。

友と仲良くできる(夢のまた夢)とか
猫仲間がいるといいのにね。
お空のトムとみ~ちゃんとお話ししていてね。




関連記事
友ちゃんが階段から転げ落ち・・
2日前のことになりますが・・。

朝4時頃に友ちゃんがおしっこに起きて、
そこでパンツを交換して、

それからにゃん吉くんが鳴きだすので
チュールを1本進呈してと思って
猫部屋に入ると・・

200603c.jpg


ものすごい悲惨なことになっていました。
お腹壊し~~、でトイレに間に合わず~~

それを、片付けていると、

200603b.jpg

どすん、どんどんど~~~ん、という音が

あっ、友ちゃんが、落ちた、っと思いました。
廊下を歩いているのは知っていました。
でも、柵がしてあるので、大丈夫と思ってました。


にゃん部屋の片づけを途中で(それも悲惨なんだけど)

友ちゃんを助けに~~
でも、何の声もせず
踊り場の一段下で動かなくなっていました。

背筋がぞっとしました。


柵は、したつもりがしてなかった。
私もシニアだから~ねぇ~、ごめんよぉ~、っと

動かなくなっている友ちゃんを
そっと抱き上げましたが、
痛がる様子はありませんでした。

麻痺してるかも、っと
寝室まで運んで、立たせてみると

立てました。。。

痛がる様子もなく・・・。

私より5歳年上の
本物後期高齢者の夫は

何も気づかず寝ています。

夫を起こして、大丈夫そうな友ちゃんを寝かせて、
しばらくみていてもらいました。

私は、にゃん吉のお部屋の片づけ続行。
ところが、友が落ちる音に、びびってしまったにゃん吉。

部屋から飛び出して、下へ行って
また部屋に戻ってきて、と
挙動不審になってしまい、
この日は夜までご飯を食べることができなくなりました。

友は、たぶん、ずるずるずる、っと
体に全く力を入れずに
ずり落ちていったものと思います。

踊り場の下で止まって、
そこで動けなかった。

どこも、捻じらず、ぶつけずいてくれて
本当にありがとう。

200603a.jpg

友ちゃんのボケボケの日は続き
ご飯食べている途中で
座り込んでしまったら、
「私のご飯どこですか?」になってしまいます。

いろんなことが起きて
私は、もっとゆるゆるにならないとぉ
(シェリーがそう言っているんだなぁ、と)
関連記事
友とにゃん吉が少しづつ近づいています
200601a.jpg

友ちゃんの「行き倒れ」は、寝返りがうまくいかない場合が多いのですが

200601b.jpg

足が弱ってきて、踏ん張りがきかず、すべって転ぶ
ことも多いです(敷物は手配中)
写真なんか撮ってないで早く助けてよ、と声が聞こえそうですが

200601c.jpg

にゃん吉は少しづつ、私たちに近づいてくるようになり
トムの後継者になるべく、リビングで内緒(相手がいないですが)のおやつを食べてます。

200601d.jpg

台所に入ってきて、大好きな外の景色をみています。

200601e.jpg

すると、友もやってきて、くるくるくるくる旋回始めます。

200601f.jpg

にゃんちゃんは、とうとう怖くなって、
猛ダッシュで友の前を通り過ぎました。

にゃんちゃんは、繊細なので、怖くても
友に手を出す(攻撃する)ことはありません。
逃げるが勝ちの精神ですが、
少しづつ近寄ってくるようになりました。

お腹の調子は、いろいろ変わり
ここのところは、便秘ぎみです。
下痢はなくなり、ただ便秘です。
あまり続くのもよくないだろうけれど、
今のところ3日以内に1回というペースです。

ま、いいかと思います。

ご飯は、ごくごくシンプルに何も足さず
最初の頃の缶詰とレトルト半々、少し水分+にしています。

ふたりの歯周病対策についても、考え尽くして、答えを出し中です。
また、改めます。





関連記事

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.