FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (170)
猫 (101)
犬猫 (107)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おむつを履いてください
191127a.jpg

友ちゃんに、「おむつを履いてください。ここでおしっこしてもいいのよ。」と
丁寧に話してみました。
まず最初におむつを見せて、納得してもらい、においも嗅いでもらって
それから、お願いします。

そしたら、まあまあ、わかってくれます。

最初の頃に比べ、割合すんなり履いてくれます。

けどまぁ、ぴったりなものってないものですね。

この画像は、犬用おむつカバーと犬用パッドの組み合わせ。
背中側が全面マジックテープになっているので
しっぽを通す必要がないのが、友ちゃんにとっては楽。

けど、犬用でありながら、お腹側と背中側の長さが
ほぼ同じなので、お腹がだぶだぶしてしまう。
その割には胴回りが狭く、友でLでぎりぎり。

人間の赤ちゃん用パンツも
友には履きにくい。
尻尾をとおす形は、神経質な子には難しい。

使用するのは、夕方の1回のおしっこだけなので、
さっとつけれて、もれないものなら、一番いいのだけれど
なかなか・・ない。

犬用のおむつか、今日の、このカバーにパッドか・・。

何故なのかは、わからないけれど
自分の夕ご飯が済んだ後、その前にたとえ外散歩でおしっこをしていても、
必ず、声もださずに、あっと思うと、床にジャー―。

夕ご飯の前に、おむつを履いてもらっておくと
その中にします。?????ですが・・
私たちも食事中ですし、いつも私があたふたお掃除するのはねぇ。

日々、認知症の症状が進みというか、変化し、
あれがいいか、これがいいかと対応している状態です。

その備忘録として、いろいろ書き留めておこうと思います。


関連記事
スポンサーサイト



犬猫たちの暖房
寒暖差の激しい毎日で、犬猫たちの寝具も迷います。

191125a.jpg
友ちゃんは午前中は静かにひたすら寝ています。
ほっておくと、床の上に寝ているので、
抱っこして布団の上に移動します。
友は、夜は特に暖房は使用していません。

191126d.jpg
猫たちは、1畳用の電子カーペットを使用しています。
その上にのっけた猫ハウスに今年初めて猫(トム)が入りました。

191125e.jpg
この膨らみは何だ?
にゃん吉はすぐに上手に布団に潜ります。

191126c.jpg
布団をもいでみると、こんな風に丸くなっています。

夏と冬と、どっちがいいんだろうね。
関連記事
バックオーライ
191121a.jpg
後ろに下がれるといいんだけどね。

ここ1ヵ月くらい、おう吐なしで
体調よさそうだったのですが、
今朝は4時半にゲボゲボしていました。

明日から連休なので、
何とかお薬をもらっておきたいところ、

でも、私の歯科の予定もあり
友ちゃんを連れていくのは
難しそうなので、

お薬だけもらってきました。

やはり、診察をしないと・・と、
ちょっとだけダメ出しを頂きましたが
次回もしそうなったら
必ず連れていくということで
お薬頂いてきました。

他には具合の悪いところは
ないですか? と問われて

認知症が進んで・・
と、付け加えたのですが、

「友ちゃんもお年だから・・」と
すんなりかわされてしまいました。

ま、獣医さんでして頂けることは
ないかもしれないですが、ね。


方向が全くわからないようで、
ドアから外へ出ることができません。
くるっと回って、入る方を向いてしまったり、

階段を下りるはずが、上り向きになっていたり、

バックはとても無理で、机にはまって鳴いていたり
しています。

お漏らしも不定期であります。
何とか、外へ連れ出すようにしているけれど

雨の日とか、おむつ履いてくれないかなと願うけど
いろいろ取り揃えてはみたけれど(パンツ型おむつも)
どれも、「やだわん」と言われてしまいました。
関連記事
友ちゃんのブラシかけ
191119b.jpg
手元が二重に移っているので、ブラシの形が分かるかも

191119a.jpg
ブラシかけを嫌がる子でも、大丈夫

日々、認知症症状が進んでいるので
お風呂にいれるのは、どうしても難しそう。

なので、体拭きとブラシかけをしている。

父さんが、この、柔らかブラシを使って
ブラシかけをしてくれます。

春頃は一切体に触らせず
ブラシもとても無理でした。

でも、友ちゃんの中で、恐怖心はとれたようで
痛くなければ、こうやって、じっとしていてくれます。
というか、気持ちよくて、
足が勝手に動いて、 かっかっかってなってます。


関連記事
友ちゃんのアニマルコミュニケーション報告(最終)
191116a.jpg

長々とお付き合い頂いて、ありがとうございます。
これが最後となります。

先回の質問の3つ目
③かあさんととうさんにしてもらいたいことは?
の最後に、友は、

・(私)、反応はにぶいけど、力は出ます。
かあさんの方で気をつけて欲しいです。
私は、加減がよくわからなくなってます。

とも言っています。

★そうなんです。どうしてなのかわからないけど
よく噛みます。最初はパクパクとおどし?って感じでしたが
私が首輪とかリードをつける時には必ず、噛み締められます。
嫌なのか、びっくりしているのか、反射的なのか、
どう、加減していいのかわからないんだなという気はしていました。
やっぱりそうだったのね。友ちゃんを悲しませないためにも、自衛しないとね。
*************
その他にも、たくさんダウンロードしてもらいました。

*力は強いから気をつけて。

*音楽が好き。優しい音楽や明るい音楽が好き。

*突然動くとびっくりする。
(びっくりしていても)体の反応は遅くなっている。
★反応がびっくりしていないから、大丈夫じゃないのね。
気をつけるね。

*お散歩は好き。
静かにひとり黙々と歩きたい。

そして最後に・・
もしかして、人間の甘いおやつを食べたい
というのが、友の秘めた願望かもしれないって。

このACTを通じて、友ちゃんが私に教えてくれたことも
たくさんあります。(自由人で微笑ましいとは言ってくれてるけど)

・かあさんはきちんとしていて、ついていくことができない。
(ねばならない、を持っているってことね)
・がまんしている。
・人に気を使う。
・私(友)がスローなのをイライラしている。
などなど。

こうしなくてはならない、ということを握りしめている。
こうしなくてはならないことなんて何もない。
どんなことも受け入れて、もっとリラックスしていいんだよ、って
教えてくれているように感じました。


マリチ先生の友ちゃん評

「ハートが素直で、礼儀正しくて、柔らかい感じで
スローがお似合いの可愛いワンコ」
★自分の子供を誉められた感じってこういうのかな、という感じ。
とても嬉しい。

★人間のように思考がぐるぐるしていない動物は
本当に素直に自分の気持ちをエネルギーとして発している。
ピュアってこういうことなんだな、と思った。

友ちゃんは私にとっては、おそらく最後のワンコ。
絆は永遠でも、温かい体を感じられる期間は
もうそんなに長くはないし・・ 大切に過ごしたい。
関連記事
友ちゃんのアニマルコミュニケーション報告(2)
191115a.jpg


私がお願いした、3つの質問です。

① 先代わんこのシェリーのことを知っていますか。

・わかりますよ。時々おうちに来るシェリーさん、先輩です。
・ここのおうちのことを少し教えてもらいました。
どんな風に暮らすとよいのかとか。
・和気あいあいというわけではないけれど、
たまにそっと来て、見守ってくれているのを感じます。
・先輩は、おうちでは私より自由にのびのびしています。
先輩の貫禄があります。
・先輩を見ていて、ちょっとまねっこしてみたけど、
性格が違うので、先輩のようにはなれません。

★ふ~~ん、と うなってしまいました。
シェリーが友ちゃんを連れてきたのかなと思っていたけど、
それはどうも違う見たい。だけど、ちゃんと見守ってくれている。
友にとって、シェリーはあこがれの先輩みたいな感じなのかしら。

接点のない友とシェリー、でも、当たり前のように
友がシェリーの存在を感じているということは
動物の中では、毛皮を着ているか、着ていないかの違いだけで
あちらの世界とこちらの世界は繋がっているのが当然なのだ、という気づき。

② 友はどうしてうちへ来てくれたの。

昔々、森で暮らしていました。
私は今よりずっと大きな動物でした。
かあさんは人間で森に住んでいました。
森で薬草を作っていました。
傷ついた動物は、かあさんに手当てをしてもらいました。
私は、動物たちとも和気あいあいとするのが苦手で
あまり誰とも交流がありませんでした。
だから、けがをした時も、一人でこっそり
かあさんの家の前でじっとしていました。
かあさんが見つけてくれて薬を塗ってくれました。
私はお礼を言うでもなく、こっそり(森の奥へ)帰りました。
・・・
かあさんのそばで今度はありがとうが言えるように
なりたいと思っていました。
恩返しはできないけれど、ありがとうが言えるようになって
とても嬉しいです。

★友が、マリチ先生との初めてのお話で、潜在意識の奥の
前世での出来事を語ってくれたこと、とてもうれしい。

友と初めて会った時のはにかんだ様子。
うちへ来て、一晩過ぎた翌朝、心配しながら見に行くと
私の顔を見て、「あうぅ、あうぅ」と喜びの声を出してくれた。
「やっと会えたねぇ~」そう言ってくれたのかな。

時空を超えてまで、私のところへ来てくれてありがとう。
このお話を聞いてから、友と心が通じているのを
凄く感じる。「ありがとう」というと、「こちらこそありがとう」と答えてくれる。

③ とうさん、かあさんにして欲しいことは何

・もう、十分してもらっているから、何もありません。

というのを、マリチ先生が、この際だから、何か教えて。
その方がかあさんも嬉しいよ、と話して下さって、
そしたら、

・私はとてもスローになって、うちのリズムに合わなくなったから
できたら、スローで付き合って欲しい。

そう、言ってくれました。
とうさんは勿論だけど、私も、相当せっかちだったかも。反省。
これからは、友にあわせるね。

・とうさん、かあさんに、ありがとうと伝えてください。
と友が言って終わりました。

あと、天界からのメッセージ、マリチ先生のアドバイスなどもありました。
それは、また続きます<続>
関連記事
友ちゃんのアニマルコミュニケーション報告(1)
191114a.jpg

10月の終わりの
名古屋でダブルレインボーが見えた日
友ちゃんは、杉真理子先生にACT
(アニマルコミュニケーションセラピー)を受けました。

そのご報告から(1)

友は、礼儀正しく、素直で、穏やかなワンコで
・かあさん(私のこと)は、人に気をつかっているけど自由人だと
話していたそうです。

・最初は、とても元気に明るく挨拶して

・先生のこと知ってます。かあさんから聞いていました。
・お話し、楽しみにしていました。
・この頃はかあさんも私の言うことをわかってくれます。
と続き

先生から友ちゃんは、礼儀正しいのねと言われて
・きっと、かあさんを見ているからです。
と、答えています。

・母さんは人に気をつかっているけど自由人です。
(自由人って我が道を行くってことかしら?)

・私のことを 「見ていて微笑ましい」、とか、「楽しい」とか言ってくれて
います。(ぷぷっ! 私、友ちゃんに微笑ましいと思われてる)

・体調は?と問われて、普通ですと答えています。
(特に辛いところがなければよかったゎ)

友ちゃん、14歳になっておめでとうと言われて

・出来ないことが多くなって、しょげることが多いと
答えています。

・前より、ずっとフワフワの中で生きている。
・私は それはそれでもいいけど、悪いことしたかどうかわからなくて、
かあさんが残念そうだと、何か悪かったかなって思う。
それまで気がつきません。
(それで、しょげているのね。ごめんね)

私が大きな声で、びっくりすると、それにびっくりしてしまうらしい。

と、ここまでが、質問に入る前のご挨拶的なお話です。

私のことを、とてもよく見ていて、応援もしてくれていて、
たぶん、お漏らしのことだと思うけど
私が残念そうにしていると、わかんないけど何か悪いことしたのかしら?
と思っているって・・・

何だか、愛らしくて、いじらしくて、涙出ちゃいます。
ペットって絶対的な愛の存在。
もっともっと、それを分かってあげなくてはと思いました。

次回は本題の3つの質問に続きます。<続>
関連記事
ただただ愛しくて(アニマルコミュニケーションを受けて)
191113a.jpg
191113b.jpg
先日、小雨の中を散歩に行こうとしたら、いきなり大雨、雷、しかたなく諦めたけど
大人しく、戻って、ベッドに入ってくれました。



「愛想が悪くて、人にも馴染まないし、犬同士も仲良くなれないし・・
小さい時に虐められていたからかしら、可愛そうに~
今は認知症になってしまって、ほわぁ~んと生きていて、
何だか切ないね。」

というのがつい最近まで、友ちゃんに対してもっている印象だったのですが

杉真理子(マリチ)先生のアニマルコミュにケーションを受けて、
そうではなくて、
もっともっと深い理由があるのだなぁとわかりました。

友ちゃんは直接は語ってくれないので・・
語ってくれていたのだろうけれど、私には受け取れていなくて
(『最近は、かあさん、わかってくれる』と友は言ってるそうですが)
アニマルコミュにケーションを通じて、それを教えてもらうことができて、

今までより、数百倍も、数百万倍も友のことが愛おしくなりました!


杉真理子先生(マリチ先生)に、友ちゃんと私との絆を
紐解いてもらいたいなと以前から思っていて、
それが、10月25日、名古屋でダブルレインボーがみられた日に
とうとう実現しました。

ただ愛しいと言ったのは
マリチ先生からのご報告を頂いてから
さらに一層、そう感じるようになったからです。

今は、とても方向音痴で、部屋の中でも迷子。
散歩で通いなれた道も、どこへ行くのかよくわかりません。
横になろうとしても、ぐるぐる回って、なかなか座ることもできません。
でも、散歩に行けます。とことこ走れます。
階段は大空へ向かって、飛んでしまうので、付き添います。

おトイレ粗相も頻繁、奇声も出してしまいます。
でも、マリチ先生が紐といて下さった、
友と私のストーリーを知ったら、
胸に熱い塊がわいてしまいます。

最近も、友ちゃんは、私の顔をペロっとしてくれます。
それは、前からで、それを私は「かあさん、好き」
と言われていると思っていました。

でも、きっとそれは、友ちゃんの「かあさん、ありがとう。」
「『ありがとう』って言えたよ。」っという声なんだと思います。
友ちゃんの恩返しなんです。

ここまでが、ACTの前置きです。
ACTの中身は次回から~
何回かに分けて、語らせてくださいね  <続>
関連記事
Grazia Concert 出演
191111a.jpg

191110a.jpg

昨日の日曜日には

友人のピアノの先生が長年主宰していらっしゃる

プロ、アマ、一緒に楽しく音楽するという

Grazia Concert に、オカリナソロで

出演させていただきました。


1ヵ月前から練習を始めるという

私にとっては無謀ぶりでしたが

先生の熱心な指導があって

スパルタ練習で、どうにか恰好がつきました。


漫然と練習していてはできない

レベルアップもはかることができ

嬉しい挑戦でした。


日々、友ちゃんの老化につきあい

朝は以前より1時間早起き

夜はなかなか早寝はできず

の状態の中で、特訓練習をしていて

老体に堪える~~~という感じで

今日はすっかり、心地良くダウンです。


関連記事
昨晩は大興奮
191104e.jpg
どこでもかまわず寝てしまう。ここは調理台の前。


昨晩は何故なのかわからないまま
今日はもうお休みと2階へあがってから
やおら、大興奮してしまいました。

廊下を走りだし、
父さんの部屋へ突入
「外へ連れて行って!」と言われて
仕方なく連れ出す。

寝室へは入れたけれど
益々興奮して、お水をひっくり返して水浸し、
ベッドの周りを走り回って
ひっかかって、コードを引き抜いて
壊してしまって・・・

声をかけずに、知らんぷりしていると
ベッドを何周かして、鎮火した。
一体なにが起きたのか不明。

夜の最後の散歩も、
かなり興奮していたので
それを引きずっていたのか・・??

その前にお漏らしした後
鳴いていたので、その辺が関係あるのかもしれない。

今朝は何事もなく
静かに散歩しました。

ご近所の、最近来た保護犬さんと
出会うと、彼も、尻尾を巻いて
飼い主さんを引っ張りながら
おびえた顔で
一直線にどこへ向かうともなく小走り。
保護犬さん仲間だなぁと思いました。

みんな色々大変ね。
頭では忘れていても、心が覚えていることが
うずくのだろうか。それとも関係ないのか。
関連記事

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.