FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (170)
猫 (101)
犬猫 (107)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

少し進歩
190830a.jpg


友ちゃん、トイレの中でくつろいでくれました。
トイレとは認識していないのですけどね。
でも、一歩前進。今後に期待します。


ここのところ、猛暑はなりを潜め
朝晩は涼しくなりましたが、
それまでに暑い日が続いたせいか
友は、毎日おう吐するようになり
ちょっと心配しました。

夕ご飯が6時過ぎで、そこから朝まで
何も食べないので、おなかすき過ぎで胃酸が出過ぎで
胃が荒れて、おう吐かなと思いましたが、
それでも、あまり頻繁だったので、昨日受診しました。


夏バテ+胃が荒れていると仮定して
胃の薬を飲んでみて、それでも落ち着かなければ
さらなることを調べてみてはどうかということで
胃薬もらって帰ってきました。


薬? どうやって? と思いましたが
少量で、砕いてもらったので、
ゴートミルクに混ぜて、難なく飲めました。

受診する当日も含め、2日間は吐いていなかったので
今日で3日目、良好です。
このままおう吐がでなければ、これで落着かなと思います。


認知症らしき症状は、ぐるぐる回り
狭いところに頭をつっこむ、戻れない。
方向音痴で、壁に向かったまま、動けない。
そして、最大がおもらし・・かな。
おもらしって、年齢がいくと当たり前なの?


飼い主を認識してないってことはない。
私のことはかあさんだし、夫のことはとうさん。
それは変わりなく分かっていると思う。


夫が怖い人、というのはなくなったと感じる。
それに、トイレ~~っと大騒ぎしなくなってくれて
ある意味、私は楽になった。

-----------↓余分な話です(スルーしてください)
ついつい継母と比べてしまうけど、
頭で考えず、感じたままを正直に表している
友ちゃんは、分かりやすく、
とても愛おしい存在です。

いえ、継母も、完全に認知症になってしまってからは
愛おしかったです。(ほんとうに子供にもどっていたから)
それまでの期間は、人としてプライドとの闘いで
本人はどんなに辛かったかと思います。
関連記事
スポンサーサイト



ふと思ったことって、やっぱりあっている?
190826a.jpg


先日、新聞記事で

虐待は脳に影響するということを研究されている方の
記事を見ました。

長きに渡って心に影を落とすだけでなく、
脳にも、委縮という形で影を落とすことが証明できた、
だから虐待ストップという記事でした。

190826c.jpg


人間とペットとして飼っている動物とを
一緒にするなんて、と思われる方もいらっしゃるかも
しれませんが、、、ごめんなさい。

友ちゃんが、認知症ぽくなってきた
去年の秋頃から、
友ちゃんは子供の頃に
頭や顔を棒で殴られ続けていたそうですし、
その時の恐怖体験と実際の傷が、
形として、脳に残っているんだろうか、
とチラと思っていました。

チラと頭をよぎることって、
私にとっては真実なんだろうなと思います。
ほんとは自信なくそう思っていたけど、
自分を信じるだけだと思ったことでした。
関連記事
背中に視線を感じて・・
190822b.jpg

しばらくご無沙汰している間に

2回、お漏らしがありました。


ずっと一緒にいると、

何となくわかるので(ウロウロしているから)

外へ連れ出すことができるのですけど


ご飯の用意していたり

一緒にいなかったりすると

ありゃっということも起きます。


1回は、夕方散歩にもうじきいくからと

待たせて、洗濯物を取り入れていたら

戻ってみると・・

ということがあり、

もう1回は、朝散歩に行く前に

猫ご飯を優先していたら(猫はご飯ご飯と合唱するから)

間に合いませんでした。


で、その時は、さりげなく

片付けていたら

背中にジ―――っと視線を感じました。


なので、私も何も言わず、友ちゃんをハグしました💛

きっと、友ちゃんとエネルギーのやりとりができたと

信じています。


(続き)
重い認知症を患っていた

継母を家で介護していたころのことを

思い出しました。


同じ敷地内の隣同士で暮らしていたので

お昼に食事の用意と思って、訪ねると

継母が、布団に寝ていて

でも、血相変えて、「はやく、はやく、はやくして~~」と

叫びました。

お昼ご飯のことかと思って

「ちょっと、待って・・」と言って

台所へ入り、ぎょっとしました。

台所から、洗面所、お風呂と続いていて

そこが、ものすごい惨事になっていました。

お布団まで続いていて・・・

身体も、布団も、汚れていました。

「何とかしたくて、何ともできなくて、パニックになって
布団をかぶっていたんだと思う!」

施設入所直前のことでした。
まだ、言葉も話せていたんだナと思う。

今は申訳ない気持ちで一杯。

友ちゃんが思い出させてくれて、

私の想いを、手放させてくれました


関連記事
友ちゃんは巡り巡って落ち着いた
190804a.jpg


友ちゃんの父さん怖い~・・・は、
どうやら、終結したような感じがします。

よくご近所の年取ったわんこが
トボトボと歩く姿を目にしましたが

友ちゃんも、それです。

今朝の散歩でも、
「おいくつ?」って、聞かれて、

そうだね、って・・
頑張って、長生きしてねって、言われて
あぁいうふうなんだなあって思いました。

でもでも、
パニックで、大興奮で、というのが
最近落ち着きました。

また、おもらしは再燃していますけれど、
身体は以前より、触らせてくれています。
雨に濡れた身体も、拭かせてくれます。

まれに、耳が少し聞こえるようになった?
って思うこともあります。

でも、それを期待しなくてもいいよね。
友ちゃんが、今の自分の身体に慣れて
受け入れてくれて、落ち着いたのならば。

友ちゃんは、何をするために
うちへ来てくれたのかな。
いつかそれが分かる日もくるだろうな。
関連記事
お盆
190812a.jpg

うちの地方では、13日から15日が
いわゆる、お盆です。
亡くなった魂が元居た場所に戻って来るとか。

私の家族、夫の家族の亡き人たち
みんな我が家に集まっているので
我が家で、お盆ということになります。

と言っても、格別のことを
するわけではありませんが、
明日は
みんながこちら側で暮らしていたころを
偲んで、少しだけでも
想いを馳せようかと思っています。
関連記事
友へのコントロールに気づく・・そして、にゃん吉のお腹
190807a.jpg
方向感覚が悪く、変なかっこうになります


昨日、見ていると
友が右旋回をくるくるくるくる・・
延々と続けていました。

見かねて、そっと
リンパケアをしてみると
すっと止まり、自分のベッドへ行きました。

そこから、あらためて、ペットリンパケアの本を
読み直してみました。

特に顔の筋肉(噛筋)に沿って
そっと撫でるだけ(ゆるめる)

そして、それより、何より大事なことは
飼い主が自分のケアをして
ゆるんだ体で接すること
それが何より大事。

緊張した、疲れた体で接しても
ペットは、その緊張を受け取るだけ~っと。


それから、ヒーリングをお願いしている
金色のしっぽさんからも

飼い主とペットは鏡
マイナスのエネルギーを持って接すると、
それを反映してくれるのがペット。
マイナスのエネルギーを教えてくれるのがペット。

だから、ふたりで、それを手放していってね、と。


深いですね・・。
私の心配し過ぎが、
友ちゃんを辛くしていたかもしれない、ね。
心配という名のコントロールをしていた。
もっと、友を信じて、私を信じて。

190807b.jpg

一方、猫のにゃん吉、
もうソロソロ、カリカリフード大丈夫じゃないかと
このごろ、ずっと使っていました(夜寝る前だけとか)

だんだん便がゆるんできて、
とうとう下痢。
まずかったかなと
今までどおりの猫缶+レトルト+手作りに
変更したら、みごと復活。

もう、迷わず、いきます。

野生動物じゃない、
人間と暮らしているペットって
ただただ、飼い主のために
必要なことを見せていてくれる存在なんだな~。
飼い主へ愛を送ってくれている存在なんだな~。
関連記事
世界遺産 岐阜鵜飼い見物してきました!
190802b.jpg

190802c.jpg

190802a.jpg


長男夫婦が一緒に行きましょうと
誘ってくれて、夫の実家近くの
鵜飼いを見てきました。

近いので、「いつでも行けるから・・」っと
今まで、一度も行くこともありませんでした。

とっても、暑い日でしたが、
体中汗をかいて、デトックスしながら、
幻想の世界を堪能させてもらいました~。

夫は、学生の頃には
義父を手伝って、船頭さんのお手伝いを
アルバイトでしていたそうで
でも、お客として船に乗るのは
ひさ~しぶりで、懐かしくて、以前と比べ
規模縮小していくのが残念で、
想うところ一杯だったみたいです。

私は初体験。
これは、伝統芸能なのだなぁと思いました。

真っ暗になる頃、
かがり火が見えてきて
鵜匠さんと鵜の姿が浮かびあがり
幻想的な美しさに、胸打たれました。



家を出たのが、午後3時
家に帰ったのが、午後10時

その間、わけわからなくなってきた友ちゃんと
にゃんず2匹のことが心配で、心配で、

友ちゃんがパニックになっていないか
にゃんずが「ごはんがない~」と怒っていないか
帰りの車の中では、だんだん気になってきました。

でも、案ずるより・・・
友ちゃんは、誰もいなくて、暗くなってきたので
眠りこけていたようで、帰った時も、夢心地でした。

にゃんずは玄関で、じっと待っていたようです。

にゃんずは遅いご飯をもらって、そのまま猫部屋で寝ました。

友ちゃんは、ねぼけまなこで散歩に連れてってもらい
ご飯は食べずに、また寝ました。

ところが、夜中2時、
友ちゃんの徘徊が始まりました。
コトコトコトコト歩き回り、お水を飲み、
どうするかなぁと思っていると、しばらくして
寝たみたいでした。
お昼の間、寝てばかりいて、
時差ぼけしたみたいでした。

友ちゃんは、パニックになることは
ぐんと減り、落ち着きました。
鼻をたよりに、ゆるゆる動いて
今までとは、別の世界で生き始めたようです。
本当に愛しい存在です。
関連記事

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.