FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (167)
猫 (101)
犬猫 (105)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

日進中学校 吹奏楽部定期演奏会
170329.jpg

2016年度全日本吹奏楽コンクール金賞の
地元の中学吹奏楽部の定期演奏会に行ってきました。
特に知っている子がいるわけではないのですが、
夫が所属しているボランティアグループに
吹奏楽部の一部の生徒さんが演奏に来て下さったという ご縁です。

まずは、レベルの高いのにびっくり!
若さ、エネルギーのあふれんばかりのパフォーマンスに圧倒されました。
まわりの人たちに支えられて、
のびのびと、力いっぱい練習している
孫と孫のお友達、そんな感じでた。
関連記事
スポンサーサイト



すっかりご無沙汰~
一日、一日が飛ぶように過ぎ
ふと気づくと、3月も半ばを過ぎています。
引っ越してから、はや一年以上が経ちました。

ずいぶん思い切った身辺整理をしてきたけれど
その後、どうかな?

なくて困った思ったものは、ほとんどないけれど、
ただひとつ・・
洋裁とか、編み物とか、また始めたいと思った時
必要な物が無くなっていて、また買いにいくのが
億劫だからという理由で、始めるのを躊躇する、ということはあります。

年とともに、何かを始めるのが、とても億劫になるということに
気づきました。
でも、ここで奮起することで、老化に歯止めが効くのかもしれません。
頑張ってみよう。


我が家の平和な動物園情報です。
友ちゃんは、その後、調子OKです。
あの、お口くちゃくちゃは何だったのでしょう。
ふやかしご飯にも慣れたみたいです。

17歳、16歳、11歳の猫たちも元気です。
16歳のトム君は、6歳の時に去勢手術したので、
♂としてのやる気が残っていて、
今も17歳のお母さん相手に、その気を出しています。
170317a.jpg

生後半年くらいで去勢手術をした11歳のにゃん吉くんは
一度もその気になったことはありません。
それも、可哀そうなような気がするけど、
可哀そうと思うのは、人間の気持ちで、
当猫は飼い猫として穏やかに過ごしているのでしょう。

我が家も春の気配です。
関連記事
意を決して獣医さんへ
170304.jpg


友ちゃんのことです。
この前のお腹壊しの後くらいから、
何だか、口をくちゃくちゃしたり
歯をカチカチ言わせたり、顔を歪めたりします。
口の中で、何か(歯が抜けかけとか、歯槽膿漏とか、口内炎とか)
トラブルがあるみたいな気がして、
口の中をそーーーっと見てみたりした。
でも、大きく口を開けさせることができなくて、
横から、そっと見てみただけ。
すると、奥歯がないみたいにもみえるし、
それ以上は怖くて、できない。

お腹壊しの後から、フードをふやかして与えているので
歯にくっついているのかなとは思った。
でも、変なことが起きているのかもしれないとも思った。

獣医さんで診てもらえば、すぐにわかることだけど、
友ちゃんは、口を強制的に開けることはできないし、
そんなことされたら、大パニックになってしまう。

最初から麻酔して、診てもらおうか、
なんでもなくても、口のお掃除してもらえばいいし、
とか、悩んで、悶々とすること数日。
なんでもない日もあって、そんな時は
しばらく様子をみよう、とか思うけど
また、しっぽを下げて、しお~んとして
片手をあげてきゅい~~~んという感じになっていると、
やっぱり診てもらわなくちゃ。とか思って。

意を決して、朝ごはん抜きで、獣医さんへ受診しました。

がくがく、ぶるぶる、する友ちゃんを
診察台に載せて、「麻酔してから診察してもらえませんか?」と
お願いすると、
「触らないようにして、ちょっと診るから、歯茎が見えるように
唇だけ持ち上げれますか?」と聞かれ、

「OK,それならできます」っと友ちゃんの唇をもちあげると、
獣医さんがのぞきこんでくれました。

「少し歯石がついてはいるけど、歯茎も炎症おこしているふうでもないし
奥歯も一応あるし、歯の質は悪いけど、今緊急で対処しなくてはいけないことは
ないみたいですよ」って教えてもらえました。
「きっと、柔らかいご飯が歯にくっついて気持ち悪かったのかもしれない。
食後に口の掃除をしてあげては・・」とアドバイスもらいました。

「もうちょっと、大きいお口をあけてくれるといいんだけど」と獣医さんが言うと
グッドタイミングで、友ちゃんは緊張から、「あ~~~~ん」と大あくび。

「うわぁ~~」と3人の獣医さんが顔をそろえて覗き込んだので、
友ちゃんはびっくりして飛び上がってしまい、
爆笑

しばらく、お口のお掃除しながら、様子をみることになりました。
過緊張していたのは、母さんですね。
関連記事

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.