FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (170)
猫 (101)
犬猫 (107)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

やっぱり、可愛い
170130.jpg

なかなか、人には心を許してくれない友ちゃんですが
家族には・・特に私には、心を開いてくれます。
素直な気持ちを表してくれます。

「友ちゃん、散歩に行こうか。」と声をかけると

ぴょんぴょんと、飛び上がって、嬉しさを表してくれます。
何て豊かな表現力でしょうか。

普通、わんこってそういうものなのですが、
友ちゃんは、10年かかって、そうなってきた、、という感じです。

そんな時、私は、友ちゃんを、そっと抱きしめます。
強くしたり、ぱっとしたりすると、びっくりするので、
そっと、そっと、近づいて、包み込んで
「友ちゃん、大好きよ」と言います。

たとえば、散歩に出かける時に、
友ちゃんに胴輪をつけたりしながら、
顔の高さを合わせて、向き合います。

父さんは、そんなこと(自分の顔を犬より低く)するから
下に見られるんだよ、と言います。
確かに、しつけの本などには、犬はリーダーを決め、
上下関係を決めるから
頭を低くしたら、その人のことを自分より下と位置付ける、
と書いてあります。

でも、私はそんなことはいいんです。
リーダーは父さんだから、それでいい。
私は友ちゃんの良き理解者というか、愛するものでいたい。

顔を突き合わせて、
友ちゃんの顔をはさんで、「大好きよ」と言うと
友ちゃんは私の鼻をぺろっとなめます。

信じているという証なのか、
私はただ手放しで、「可愛い~」っと感じます。
関連記事
スポンサーサイト



オーボエ・オカリナ ティータイムコンサート
20111124_1735987.jpg

昨日は、私と夫が一緒にオカリナを習っている
スコラアートで、

オーボエ・オカリナ ティータイムコンサート
聴いてきました。

オーボエを単独で聴くというのも珍しいですし
私たちの先生のオカリナを聴く機会は逃したくないので、
時間が許す限り、聴きに行きます。

先生が演奏すると、こんなふうに素敵なんだぁ~と
夢が広がります。

最後のアンコールで、オーボエとオカリナのデュオがありました。
とても、珍しい試みだと思いますが、
とてもしっくりと合っていて素敵でした。
関連記事
「君の名は」
今年に入ってから遅ればせながら
見てきました。

映画「君の名は」

今の自分と同時代を一緒に生きている周りの人が
この映画のように、過去から赤い糸で結ばれている人だとしたら・・

今の自分をもっともっと大切に、丁寧に生きなくては・・ね
関連記事
トム君の尾籠な話
170118.jpg

猫たちの朝のご飯は、本当に何よりも一番先で
私はパジャマのままで、ご飯を作り、
猫部屋で、お閉じ込めのまま食べさせます。

その時に、トムがトイレに入っているのを見ました。
お部屋にご飯を持って入ると、入口におう吐の泡々と
うんちがころんころんと転がっていました。

「トム君が便秘ぎみだったのが、出たんだ・・」とは思ったのですが、
そのままご飯を出すと、猛ダッシュで3匹とも食べ始めたので
それ以上、疑問に思わずに過ぎました。

ところが、人間のご飯とか、友のご飯とか、1階での用事が済んで
部屋を出ると、玄関に盛大なおう吐と、うんちがころん。
そこには、今、吐いたものを、「もったいない~」と食べている
トムとみ~ちゃんがいました。

掃除しようとしても、トムが邪魔でできません。
トムをピアノ室に閉じ込めておいて、玄関を掃除し
ティッシュに吸い取らせた、吐しゃ物をビニール袋に詰めました。
ピアノ室に入ってみると、そこには盛大なうんち。
「ここまで出れば、自力で便秘解消だぁ~」と、ほっとした気持ちで、
汚れものを全部、ビニール袋に入れて、
それを、ちょっとのつもりで玄関に置いておきました。

しばらくして見たのは・・
ビニール袋を食いちぎり
ティッシュをパラパラにしてなめているトム。

あ ぜ ん

あれから丸1日、お腹に詰まっていないことを祈るばかりです。
関連記事
わんこは雪が好き
この冬一番の寒波で、
ずっと寒い日が続いています。
こちらは太平洋岸で、温暖なのですけれど、
一年に一度か二度、こんなことがあります。

170116.jpg

一番降った時で、このくらい。
5cmくらいです。
綺麗だなって思う余裕があります。

友ちゃんは、雨が大嫌いで、
ぴちゃぴちゃなところへは、絶対行きません。
なのに、雪は好きなのです。
もう、広い走り回れるお庭がなくなってしまいましたが、
今日は前の空き地で、少しだけ走りました。
関連記事
発表会本番
170113.jpg

今日はこちらも朝から雪がチラチラ。
時折視界が真っ白になるように強く降ったり、
日が差す時もあったり、気温は今季最低。

昨日から天気予報を見つつ、
もしも雪だったら、どうするというのを考えていました。

結局、朝一番のリハーサルはお休みさせて頂き、
午後からの本番には、公共の交通機関を乗り継いででかけることにしました。
これが、予想以上に時間がかかってしまいました。
私バスと3回乗り換えの地下鉄とリニモを乗り継ぎ
降り立った駅から15分くらい歩いて会場に着くと、
すでに開演から15分が過ぎていて、
私の出番は10番目。
大急ぎで着替えて、息を整える間もなく出番。

「力を抜いてね」と先生に言われて舞台にでました。
途中まではよかったのですけど、
一番の盛り上がるところで、派手に コケてしまいました。

いきなり出足からコケる時と
途中から緊張感に取りつかれる時とあるのですけど、
今日は、後者の方で、緊張しているという感じはなくてコケました。

いつまでたっても、メンタル面で弱いのかな。
でも、今期は、響きのある音の何たるかが
少しわかっただけでも、良しということにします。
亀は亀のペースで楽しんでいこうと思います。
関連記事
ピアノが初めて思うように弾けた
519431.jpg

今週の土曜日は、ピアノの発表会です。
1年間の音楽関係の年度の締めくくりです。
オカリナとか、コーラスとかをまだ始めていない
ずっとずっと前から、ピアノだけは続けています。

両親の介護で大変だった時を除いて
ピアノを教えることを止めてからも
自分の練習だけは、ずっと続けてきました。
何故かな? やっぱり好きだったのかな?

何度も何度も、発表会で演奏しているけれど
一度として、「自分としては、これで満足」という出来になったことはない。
努力はしてきたけれど、空回りだったみたい。
そのことを、ずっと、悩んでいたけれど、
最近は、もう、仕方ないかも、もうここまでやったから、いいかっ?
みたいな気持ちだったかもしれない。
やけっぱちというよりは、焦りを捨てた心境でいた。

そうしたら、今年度は、どこか違っていました。
11月末にお友達の演奏会で弾かせてもらった時には
まだちょっと、未完成で、「う~~~ん、今ひとつ。でも楽しくは演奏したからOK?」
みたいな曖昧模糊とした気持ちでした。

それから12月は主婦としても忙しく、
まあまあチョコチョコと練習はしていましたが、あまり変化せず。

12月の最後のレッスンで頂いた先生の一言。
「何度も何度も、どんどん弾かなくてもいいから、
ひとつひとつの音の響きを聴いて、美しい響きに聴き惚れて、
酔いしれてみてください。」
その、先生の言葉どおりに実践しているうちに
いつか、少しづつ、自分の音を聴くことができるようになってきました。
聴くことができると、よりよい響きを探せるようになってきました。
自分の音の響きの中に包まれている感じもわかってきました。

今年初のレッスンで、先生に聴いて頂きました。
じっと聞いていて下さって、弾き終わっても、何もおっしゃらない。
(そんなことは未だかって一度もない)
「えっ?」って思って、振り返ると、
「とってもいい。今までで一番いいね。これを壊したくないから、何も直したくない。」と一言。

なんて、嬉しい言葉でしょうか。
34歳から、ピアノをきちんと始めて、それから33年。
やっと、ピアノ演奏を楽しめる入口に来たという気がします。
気長に付き合ってくださっている先生、お友達、ありがとう。
見守ってくれてる家族もありがとう。
関連記事
家族新年会
170102bb.jpg

今年はとても暖かい 過ごしやすいお正月でした。

新年の2日に、ここ3年恒例となっている

夫の子供たちの3家族が全員そろっての新年会を開きました。

今年はゼロ歳の5番目の孫が新入りして総勢13名です。

穏やかで、平和で、温かなひと時でした。

友ちゃんは大勢のお客様に圧倒され、寝室にお閉じ込めになりました。
猫ちゃん’s は猫好きの孫に撫でられて、じーーっと我慢していたり、逃げ出したり。
それも、また楽しいひと時でした。

関連記事
お正月家族写真
元旦の朝、毎年出かける近所の神社に初詣
170101a.jpg

いつもの年と比べると、暖かくお天気がよいせいか、一段とにぎわっていました。

さて、恒例の家族写真---まずは友ちゃんと一緒編
170101b.jpg

次は、猫ちゃん's と一緒編
170101c.jpg

そして おまけは、犬と猫、無理やり一緒編
170101d.jpg

ひざの上のトムは、優越感感じて友をにらみ
友は、腰が引けて、イヤですぅ~~

こんなパンドラ家を今年もどうぞ、温かく見守ってください
関連記事
あけましておめでとうございます
動物
関連記事

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.