FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (167)
猫 (101)
犬猫 (105)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にゃん吉復活
151227.jpg
仲良くお食事中

にゃん吉の下痢が治まって5日目を迎えました。
12月に入ってから、最長です。
この後、どうなるのかなぁという気持ちはありますが、
一応、復活できていると信じて、復活宣言とします。

11月中ごろから下痢の治療に獣医さんへ通い
炎症性腸炎(免疫疾患)ということで、
ステロイドを使用し始めました。

初めは4日に1回くらいの下痢だったのが
12月中旬から、薬が(注射)切れると下痢と言う状態を
繰り返すようになりました。

その頃、そろそろステロイドを減らしていきましょうと
言われていたのですが、あまり下痢が続く為
減らすに減らせず、そのまま続行していました。

何かが変だ。

ドライフードを食べると下痢になってしまう。

っと気付いたのがその頃です。

それでも、フードが合わないのかと
いろいろ試してみましたが、
ドライフードはどれもこれも同じ。

そこで、気付いたのが、
ステロイドで肝臓に負担がかかり
そのため、ドライフードに含まれる保存料が
解毒できなくて、下痢になっているのじゃないか
ということ。

その証拠に手作り食ならば、下痢をしない。

手作り食だけを食べて、
ステロイドは中止して、
下痢をしない5日目を迎えました。

ステロイドを急に止めて、リバウンドしないか?
悪化している、腎臓はどうか?

いろいろ心配すれば、きりないですが、
ひとまず、OKとしましょう。

にゃん吉くん、復活宣言をはやばやと出します。

1ヵ月くらい経過して、
肝臓の数値を調べて
良くなっていたら、
また、ドライフードを探っていこうと思います。
なにせ、お猫たちの、おさんどんで日が暮れるのですもの。
トムの便秘も心配ですし・・・。

PS
ステロイド治療をして、
元の病気より、副作用で出現した病気に手こずることは
よくあることのようです。

にゃん吉は、元の病気が下痢症状で
副作用の症状が下痢症状だったので、
ほんと、分かりにくく、危うしでした。
関連記事
スポンサーサイト



にゃん吉の闘病日記 12/25
昨日獣医さんから帰ってきて
少しご飯を食べたいそぶりをしたので
皆で、手づくりご飯を少し食べました。

直に要らない、というので、
にゃん吉の残した分はトムが食べて、お終い。

それから、ずーーーっと、丸くなって寝て、
寝て、寝て、寝て、いましたので、そっとしておきました。

夜になって、にゃん吉を囲んでまあるく3匹で寝ている時に
にゃん吉とみ~ちゃんを比べてみると、
にゃん吉は、荒い息づかいをしていて、しんどそうでした。
「良くなれ、良くなれ」と背中をそっとなでながら手当をすると
み~ちゃんが私の髪の毛の毛づくろいをしてくれます。
ザラザラの舌で舐められて、痛いし、
髪の毛はべちゃべちゃ。
でも、皆、可愛いです。

夜の9時過ぎてから、
にゃん吉が、頭を持ち上げたので、
目の前にご飯を置いてみましたら、

寝たままで、一口食べました。

全く、元気なく動けなくなっているようではなく
ほっとしました。

野性味の強い動物です。
じっとうずくまって、自力で治そうとしているんだと思います。

開けて、クリスマスの今朝。

ちょっと心配でしたが、
私の顔を見ると
3匹で、にゃーにゃーと寄ってきます。

朝ご飯は、3匹で
元気よく、手づくりご飯*を食べました。
ちょっと安心。

と、いっても量はとても少ないと思います。
トムとみ~は、別途カリカリを食べています。

朝ご飯の後は、
まあるくなって、寝て、寝て、寝ていました。

が、

午後1時過ぎ、

トイレをみると、ちょっぴりの固いうんちが出ていました。
にゃん吉は3日ぶりです。

万歳! 無添加食ならば、下痢にはならないようです。

手作り食で、安定していくならば、
私はご飯づくりに励まなくてはなりません。
都合の付かない日は、カリカリで、と言う訳にいかないのですから。

それで、ためしに、とりササミを茹でて、細かく裂いたものを
午後2時になって、にゃん吉が起きてきた時に
与えてみました。

これが、にゃんにゃん大好きだそうで、良かった~。

それで、茹でとりササミに、手づくりごはんスープを
かけて、3匹に与えました。

手づくりご飯より、ササミオンリーの方がお好みのようですが、
その上のスープも食べてくれます。

これからは、これで大丈夫そうです。

少し気持ちが楽になってきました。
この1ヵ月くらい、私の肩はコリコリです。

151225.jpg

友ちゃんは、私の気持ちの大半が、にゃん吉の方へいっているのは
充分すぎるくらいわかっていますが、じっと静かに見ていてくれます。

ただ、ちょっとだけ拗ねて、

猫のカリカリを横取りしようと試みます。
でも、できないようになっているので、
腹いせに、猫のお水をがぶがぶっと
飲んでみせます。

*とりミンチ、出汁パックの中身、ご飯、かぼちゃ、さつまいも
関連記事
にゃん吉の闘病日記 12/24
明け方、うとうとしている時に
にゃん吉が死んじゃったのではないかと
夢の中の自分が、ものすごく心配していました。

目覚めてから、真っ先に、猫部屋に見に行くと、
誰も、排便なし、
3匹が、にゃーにゃーとご飯の請求をします。

おぉ、よかった!

でも、やっぱり、少し食べると
にゃん吉は、もう要らないっというポーズです。
その後は、まあるくなって、じっと寝ています。

本当は、明日、獣医さんへいく予定ですが、
繰り上げて、今日行くことにしました。

一番のりで獣医さんへ行き

肝障害がでているのではないか

ドライフードだと、どうしても下痢になり
手作り食だと治まる。
肝臓で解毒ができなくなっているのではないか。

と、話して、すぐに血液検査をしてもらいました。

結果、GOT(194)、GPT(827)と、
肝数値が大幅悪化していました。
さらに、腎臓の値も悪く、そちらの方が心配だと言われました。

発熱もしていて、39度5分ありました。
ご飯が食べられないのは、熱のせいかもしれません。
なぜ、発熱しているかは、不明。

どちらにしても、肝臓、腎臓は臓器の要。
にゃんちゃん、ゴメンネと謝りました。

今日は、点滴処置してもらい、
ステロイドは即行、切ることになりました。
ご飯が食べられないようなら、再度受診します。

食べられるようになって、下痢もしなければ、
様子をみて、1ヵ月後に再検査します。

一応、獣医さんから帰ってくると、
にゃーにゃーとトムに甘え、
ごは~ん、と言うので、少しだけど食べることができました。

頑張れ、にゃん吉!!!
関連記事
にゃん吉のお腹日記 12/23
151223.jpg

手づくりご飯を喜んで食べてくれるので、
3匹とも、これにしました。
そうすれば、部屋分けをしたりする手間が
はぶけます。
猫たちもストレスないかもしれません。

今のところ、排便なし、です。

ドライフードを与えると下痢になる。
手づくり食(無添加食)を与えると、下痢は再発しない。

ということから、はたと気づいたことがあります。

ステロイドを始めた当初に、血液検査をしました。
その時、GPT(231),GOT(115)が高く、
それはステロイドの影響です、と言われていました。
それから、3週間、ステロイドを与え続け、
途中では、下痢の時にステロイド注射をしています。

もっともっと跳ね上がっているに、違いありません。

ドライフードの添加物の解毒ができなくなって
それで、下痢になっていたのかもしれません。
たぶん、12/14くらいから、症状が出ていたのではないかと
思います。

ちょうど、そろそろステロイドを減量しようとしていた頃です。
その頃、ステロイドの副作用で肝障害が強まり、
それで、下痢になっていたのに、
炎症性腸炎が治らないでいると思って、
ステロイドを続行していた、ということではないかと
思い当たりました。

もう、薬が無くなるところなので、そのことを話して
今度からは、絶対に減薬を申し出ようと思っていました。

ところが、午後から、
にゃん吉は元気がなくなり、
あんなに、がつがつしていた、ご飯も要らないというように
なりました。

時すでに、遅過ぎたのかと、夜の薬は止めて、
明日、獣医さんへ連れていくことにしました。
関連記事
にゃん吉のお腹日記 12/22
そうは問屋がおろさない

またも、焦りました。

にゃん吉くんのお腹は手作り食にして快調になったので
昨日朝から、ヒルズ療法食ZDに替えました。
昨日は排便なし。

更に、夜になって、抗炎症剤を止めて、代わりに
お友達に送って頂いた、乳酸菌剤を1錠飲ませました。

今朝になっても、排便なし、なので、好調と考えて
朝、3匹一緒にヒルズ療法食ZDを与えました。

お昼ごろ、漂ってきた臭いに愕然。

ゆるゆるウンチです。

やはり、替えてみるものは、ひとつづつが鉄則です。
で、ないと、何が悪かったのか、わかりません。

食事をZDに替えた。
抗炎症剤を止めた。
乳酸菌剤を与えた。

と、3つの変化を同時に起こしました。

その結果、また緩便になりましたが、
何故だかが、はっきりしません。

ステロイドと抗炎症剤を飲み続けているのに、
最初は4日に1回くらい下痢だったのが、
このところ、注射の効果が効いている1日を除いて
下痢になってしまう。

連日の下痢になってしまったきっかけが
市販のドライフードを与えたことだと思う。
以降、ロイヤルカナンの療法食でも、
すぐ下痢になるようになってしまった。

そこで、手作り食にしてみたら、
注射をしなくても、下痢が治まった。

そこで、上の3つの変化を同時に起こしたら、
また緩便になった。

手作り食にすれば、下痢にならない
ということがわかっただけでも
とても収穫です。
それで、快調を維持しつつ、
ステロイドの減量を急いだ方がいいのかもしれません。

ZDでも緩便になる(乳酸菌の方が考え難いので)としたら
食物アレルギーというよりは、
ドライフードに含まれる保存料とか、防腐剤とか、抗酸化剤とか
そう言ったものが合わないようになったのかもしれません。
関連記事
にゃん吉のお腹日記
昨日の下痢ピーは午後2時でシメとなりました。
注射を打たなくても、出るものが出てしまえば、
それでひとまずストップします。

一体、この下痢の原因は何なのかと考えたら、
どう考えたって、食べるものだということは
想像がつきます。

食べ過ぎということも、考えてみたら変です。
ちょっと食べ過ぎただけで、水の様な下痢になるでしょうか。

食べているものが、1ヵ月前のある日に
合わなくなってきた(アレルギーになった)と考えると
納得がいきます。

昨日の下痢の間は絶食し、治まってきたらしい
午後から、友の手づくり食を借用して、水分補給しました。
夜までに何度か飲ませました。
み~ちゃんやトムにも大好評でした。

今朝になっても、下痢になる様子はなく、どころか
良好うんちになりました。
(トムの療法食も、市販のカリカリも与えていないので)

今朝は出かける用事があり、ゆっくり手作り食を
与える時間もないので、これを機会ににゃん吉には
ヒルズ猫用療法食ZDを与えることにしました。

にゃん吉はまっしぐらな感じで、大好きなようです。
トムとみ~ちゃんは、ロイヤルカナン消化器サポートなので
にゃん吉のを取ろうとしますが、それは良いとしても、
にゃん吉はモリモリなので、ロイヤルカナンの方へも
口を出すのが困りものです。
そこは、今後の課題です。

朝と、昼と与えて、今のところ、お腹は順調です。
もう、2度と、注射はしないようにしないと・・。
これで、飲み薬が減らしていけますように~(願)
関連記事
まだまだ続きます
先回の下痢ピーの後、
出るだけでたら、止まるはず
と思い、獣医さんへは行かず、様子をみました。
朝、最後のピーの後、しばらく止まっていて
夕方、ゆるうんちが出ました。
それが金曜日。
土曜日は出かける用事があり、
獣医さんへはいけない。
ならば、念の為注射をしておこう
と、夜獣医さんへ行きました。

今度こそ、しっかり食事管理をしよう
と心に誓ったことでした。
獣医さんからも、「食べ過ぎならば、しばらく絶食してみて」
と言われたのですが
にゃん吉の「頂戴コール」に負けて
きっちり見張りについて、
以前からのトムの療法食を規定量まで
チョコチョコと与えました。

土曜日は一日排便なしで過ごしていたのに
夜(注射の効果が切れる頃)、ゆるピーがでました。
と、見る間に下痢ピーになり、
一晩中、そして、今日日曜日も朝から午後2時頃まで
ずっと下痢が続きました。

流石に今朝からは絶食。
午後からは、スザキ先生の本にのっていたように
手作り食のスープ

というと、本格的だけど、
実は友ちゃんの手づくりご飯をスープしたてに
作り直し、カタクリでトロミをつけて、
かつをぶしを混ぜたもの。

友ちゃんごはんは、
とりミンチとかぼちゃ、さつまいも、出汁とご飯なので、
ヒルズの療法食(低アレルゲン)ZDと似ているので、
これならOKかもと思ったもの。
ZDも今日届いたので、明日からは、ためしてみようと
思っています。

手づくりスープはにゃん吉は大喜びで飲んで(食べて)
くれました。多少水分補給になったと思う。

お友達が送ってくれる乳酸菌剤も近々届くので
ぜひトライしてみます。

頑張れ!にゃん吉
関連記事
やっぱり食べ過ぎなのか
151218a.jpg

にゃん吉くんの食事を替えてみたのは
裏目に出ました。 が、結果としては
食べ過ぎが(治療を始めてからの)下痢の
原因ではないか、と分かり良かったです。

一昨日下痢して、注射をしてもらって
翌朝1回は、良い排便がありました。
が、その午後(昨日)から下痢になり
(そこまでは昨日の記事にあり)
そのまま、盛大な下痢に突入。
昨日午後から、今朝まで、繰り返し下痢ピー。

注射をしてもらった後から、市販のフードに
替えました。これが、小粒で食べやすい、
さらに、猫の好む香り付けがしてあるとかで、
ものすごく食い付きがよい。

少しづつ小分けをしても、
つるっと食べて、にゃん吉は他の子のも
食べて、もっと頂戴、もっと頂戴と
すごい勢いです。

一日量は決めていたけど、とても夜まで
もたない勢いです。ついあげ過ぎてしまいました。

でも、最初は良い便だったので、大丈夫かなと
思ったのですが、後から効いてくるんですね。
下痢が始まっても、食欲は衰えず、まだ続けて
しまいました。。。

流石に、これは食べ過ぎの下痢なんだと
思いました。

すると、今までも、3匹に一緒に与えていたため
どう管理していても、にゃん吉ひとりが食べ過ぎて
いたのだということが分かりました。

はやく、ステロイドを離脱したいと思っているのに、
悪循環の輪にはまっていたとは、とほっです。


それで、今朝は獣医さんへは連れて行かず、
夜まで様子をみて、下痢が治まらないようなら
夕方の診察に行くことにしました。

食べ過ぎならば、出てしまえば、治まるはず
だからです。

こうなると、にゃん吉ひとりと、み~とトムの2匹とを
食事の時に、分けないことには、管理できません。

フードも食い付きの悪い療法食に戻し、
3匹を2:1に分けて、食事をトライしているのですが
お互いに、一緒じゃなきゃいやだ~~~っと
食事にあまり手をつけません。

え~~い、どうすればいいのでしょう。
関連記事
にゃん吉くん、大騒動
151216b.jpg
お薬飲むのが嫌なのか、キャットタワー内へ避難中

よかったり、悪かったりしながら、
ちっとも薬の減量ができないでいます。

昨日から、ゆるゆるしていて、様子をみていたのですが、
今日になり、午後から盛大な下痢になってしまいました。

ので、夕方、獣医さんへ行きました。
念入りに検便をしてもらいましたが、
はっきりとした理由らしきものは
相変わらず、みつかりません。

ただ、ひとつ、
細菌の量が多い感じがするので、
整腸剤を、抗菌剤に替えてみましょう
と、まずは獣医さんで飲ませてもらいました。

ちょっと、一粒が大きくなり
飲ませるのが、とても大変になりそうです。


ところが、
家に帰って、上に上がって、
猫部屋に入って、ケージから出すと、
ケージが泡だらけ。
にゃん吉くんの口も泡だらけで
涎を出しています。

これは、たいへん、
薬がひっかかっているのかしら
っと、獣医さんへ引き返しました。

獣医さんで、ケージを開けると
吐しゃ物で汚れていました。
キャットフードまるごと吐いていたので、
薬は全部出たと思う、ということでした。

薬が体に合わなかったようで、
でも、上手に全部吐き出していたようで
助かりました。。。

ああ、びっくりです。
大事に至らず、助かりました。

下痢の方は、そういうことで
打つ手がなく、そのままです。

獣医さんは乗り気ではなかったのですが、
内緒で、フードを替えてみようと思っています。

やっぱり、にゃん吉くんは
アレルギーっぽい、気がするからです。

その続きの本日、
朝は、良いうんちが出ていました。
やれやれ~~~。

フードは、ひとまず、
ロイヤルカナンの療法食から
市販の普通のドライフードに変更しました。
ものすごく、食い付きが良く、
食べ過ぎに注意しながら、ちょこちょこ
与えています。

151216c.jpg

ところが、たった今
午後3時
ゆるゆるうんちをしました。

う~~~~~む。困ったけど・・・
ちょっと、このまま様子をみようと思います。


151216a.jpg

こんな、にゃん吉くん騒動の中
友ちゃんは、変わらず、可愛いです。

友ちゃんの食欲は日によりまちまち。
食欲ありの日は、
母さんが、ゴーサインを出す前に
自主的に父さんを「ご飯だよ!」っと
呼びに行ってしまいます。

友に呼ばれて(呼ばれたと勘違いして)
父さんが、「あれ、まだご飯じゃないのぉ~」と
言う事も、時たまあります(笑)
関連記事
にゃん吉くん、その後
151210.jpg


ステロイド1錠にアップしてから、毎日調子よく過ごしていたのに
3日目くらいに突如、下痢が始まりました。

どうして? どうして?っと思いを巡らしましたが、
兎も角獣医さんへ連れて行きました。

獣医さんたちも、みんな首をかしげて、
冷えた?  とか、どうしたんだろうね? とか言われ、
検便では、ちょっと未消化物が多いね? と言われて、
はたと思い当たりました。

ステロイドを飲むようになってから、
お水を飲む量も増えているけど、何だか食欲も亢進しています。
食事量は今までの1.5倍くらいになっています。
それも、にゃん吉くんだけが、食欲亢進なので、
にゃん吉くんだけが、いつもの2~3倍食べていたのかもしれません。

今回の下痢は、食べ過ぎが原因だったらしいです。
それで、食事量は元の量を維持して、
回数多く、ちょこちょこ与えることにしました。
それで、下痢は治まりました。

さて、それで、薬を飲む方は1日2回のことなので、
すっかりイヤさを覚えてしまい、難しくなりました。

今日は、口に押し込んだ瞬間に、前足の爪がでてきて
私の指にしっかりと食い込んでしまいました。
「いたーーーっ」と叫んでも、爪が抜けないのです。

あ~っあっ。
直に指が熱を持ってきてしまったので、
ピラティスもお休みして、病院へ行ってきました。
怪我はたいしたことなく治まりましたけど、
爪でひっかかれるのは、これで2回目だし、
投薬はまた延々と続くわけなので
しっかりと、抗生剤の塗り薬をもらっておきました。
関連記事

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.