FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (170)
猫 (101)
犬猫 (107)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

友と猫たち、仕切り直し!?
毎日、朝から、

「猫ちゃんたちと遊びた~い」という
友の声が響きます。

それをなだめなだめ、
午後になって、時間ができてから
猫部屋のしきりをオープンにすると

友のテンションは最高潮になってしまい、

昨日なども、
猛ダッシュで、友が猫部屋に飛び込み
くるくるくるくると回る、友ちゃんタ~ンを披露。
さらに、雄たけびならぬ、雌たけびまであげてしまい。

猫たちは完全に友を拒絶。
追いかける友を、トムが強烈連続猫パンチ!
にゃん吉も猫パンチ。
み~は、逃亡、おコモリ。

これは、流石にまずいです。
猫たちの友への拒否感が消えなくなりそうです。

   ・・・
   ・・・
   ・・・

やっぱり、友を猫部屋に入れるのはまずかったかな。

猫部屋は猫たちの最後の逃げ場にしておいて、
猫たちが、友のスペースに出て来れるようにだけする。
イヤなら、猫部屋に戻れる、っていうふうにすべきかと
思いました。

まだまだ、探究は続きます。
関連記事
スポンサーサイト



友ちゃんの前世は猫?
150825a.jpg

友ちゃんは、多分に猫っぽいところがあります。

あまり、人間にべたべたしません。
(人間不信だからもありますけど)
抱っこなんてしないでと、言います。

ご飯の食べ方は、気の向いた時。
だから、いつもご飯は出しっぱなし

決めた時間にご飯を出して、食べなければ下げていたら、
3日に1回くらいしか、ご飯を食べられない。


それに、今日、気がついたのですが、

友ちゃんは、猫パンチならぬ、犬パンチができる!

毎日30分、友と猫達の逢瀬を図っているのですが、
友は、猫たち(特にトム)にすっかり嫌われてしまいました。

友がおおはしゃぎで近寄っていかなければいいのですが、
そこのところがわかりません。

今日も、「わぁ~~~い、猫ちゃ~~~ん」と
猫部屋にダッシュしました。

逃げるトムを追いかけて、
怒るトムを何度も追いかけて、
とうとう、逃げ場のなくなったトムに
2連発で、パチンパチンとパンチをくらうと・・

友ちゃんも、咄嗟に、手が出たのです。
パッチン 犬パンチです。

流石にかみつきはしませんでしたが、
ガウガウは言っちゃいました。

トムの心は、ますます頑なになることでしょう。
う~む~・・・・
どうしたもんでしょう~
関連記事
メニエール氏病 終息
hinketsu.png

7月中旬から発症していたメニエール、
本日をもって、終息となりました。

だいたい3年に一度くらい再発するのですが、
その都度、治療法も変化していくようです。
最初に発症したのは、40代くらいの時だったのですが、
その頃は、近所の耳鼻科を渡り歩いていました。

耳鼻科の個人クリニックって、子供の患者さんが多く
私の両親が、「あそこがいいよ」っと教えてくれたところを
あちこち行っていましたが、なかなか落ち着いて
向き合ってもらえるところがありませんでした。

子供がわーわー泣きわめいている横で点滴を受けて
毎日通っても、なかなか改善せず、
最後には「精神的なものが多いからね~」なんて
言われて、ショックだったものです。

今通っているところは、地域の総合病院で、
耳鼻科は週3日しかありませんが
医師は近くの大学病院の耳鼻科から派遣されていて、
最新の治療法に安心感があります。

ここに替ってから、数回は受診しています。
点滴は、病院全体の点滴室で行われるので静かです。
大人の患者さんが多いようで(子供はほとんどみない)、
落ち着きます。

治療法は、当初は、症状が落ち着いても
投薬だけは、最低3ヵ月は続けてくださいと
言われていましたが、

今回は変化していました。
点滴1週間は変わらず、そこにステロイドを入れるのは
今までになかったような気がします。

その後聴力検査をして、改善方向にあれば
投薬だけになります。
その後1週間ごとに診察を受けて、
改善していくようなら、直に薬を1日3回から、2回に変更、
その後も、よくなっていくようなら、薬をなしにして2週間経過。
本日、聴力検査をして、元の状態に戻っているのを確認、
自覚症状がなくなっているのを確認して、
今回は終了となりました。

薬はめまいの改善薬、脳血流をよくするもの、
ビタミン剤などなので、めまいが改善していれば、
後は、気休めという感じもしますから、
なるほど、精神的なものといえるのかも。
薬がなくても大丈夫と思えれば、大丈夫なんでしょう。

そもそも、内耳にリンパ液がたまるのが
原因で、そうなる原因は、疲労とかストレスとか
言われています。たぶんに精神的なものと
言えるのでしょうか。

私の場合、
自分のしたいことをしている毎日なのですから、
起きている事柄をストレスに感じない気持ちをもつことが、
一番の再発予防かと思います。
関連記事
ここが我が家でした
猫たちが引っ越してきて1ヵ月が過ぎました。

網戸やぶりを繰り返したのは
最初の3日くらいで、
その後は、リビング半分の狭いスペースに
しっかり落ち着いています。

150822a.jpg
トムとにゃん吉は仲良しです。
本気か遊びか分からない風で喧嘩していた
と思うと、すぐにゴロゴロ仲良ししています。


猫達は狭いスペースに
閉じ込めになっていますけれど、
飼い猫、という立場か、
保護されている、という安堵感か
自分たちの力だけで生きていかなくてもよい
という安心感からか、
すっかり落ち着いて
のんびり、まったり、ぐだぐだと
猫ライフを全うしています。

150822b.jpg
この高さに上がれるのはにゃん吉だけです。
最近はここでくつろいでいます。


150822c.jpg
み~ちゃんは、キャットタワーのこのスペースで
ある方の手をぶらんとさせています。


150822d.jpg
リビングの友のスペース側から撮りました。

いくら広いスペースにいても、
いつ捨てられるのかという
不安を抱えて生きていたのかと思うと、
父が入院してからの4年半は
可哀そうなことをしたと思います。

両親の空き家で暮らしていた時には
トイレがあるのに、絨毯の上で排泄したりして、
ボケたのかと思っていましたが・・

こちらへ来てからは、トイレの粗相など
一度もありません。
みんなきちんと、トイレで用を足しています。
以前は部屋の掃除も行き届かなかったし、
ストレス一杯だったんだなと反省。

動物が、変な行動をとる時には
飼い主(人間)の方に原因があるのですねぇ。

いままで、全く寄りつかなかった
にゃん吉くんまで、
にゃぉお~んとすり寄ってくるようになりました。

150822e.jpg
友が猫スペースに入ると、誰もいなくなってしまいます。
寂しいねぇ。


この方だけは、
まだ、猫ちゃんずとのつきあい方がわからず
うろうろしています。

でも、きっと、時間が解決することでしょう。
関連記事
1年ぶりのお風呂
パソコンが絶不調になり
ここ、連日、パソコンの大掃除
していました。

それでダメなら再インストールか、
と思いましたが、
一応、大掃除のかいあり(私が溜め込み過ぎたため)
少し動きがよくなりました。

これからは、頻繁にお掃除をせねば、と反省中。

150816d.jpg
ピンボケ、お許しください。

友ちゃんのお風呂
とうとう1年ぶりになってしまいました。

ごめんねぇ~

お風呂の隅の隅にぴったぁ~っと
くっついてしまうのには困ります。

シャワーが届かないんだもん。

それ以外は、とってもおりこうさんで
洗いやすいです。

やっぱり、気持ちがいいんだろうね。

洗った後は、
ドライヤーの送風と
扇風機で乾かしました。

毛が、さっらさらです。


さてと、

冷えマットその後ですが、

150816a.jpg
自分で頭を乗せました。

友ちゃんが、頭だけ
自主的に乗せているのを見て、

早速、少し大き目を2枚注文しました。

それが、こちら。

150816b.jpg
慌てて撮って、ぼけぼけです。
これは、ずるずるひっぱって、乗せました。

自主的にはなかなか~です。。。

それで、友ちゃんの以前のを、
猫達に進呈。

150816c.jpg
こちらに置いた冷えマットにも、早速乗ってくれました。

トムは早速、それも使ってくれています。

しっかり覚えてくれたみたいです。

他の子は、ぜ~んぜんです。

いつか覚えてくれますように。
関連記事
冷えマット使用 第一号
150809d.jpg
自分から冷えマット使用中

自主的に、冷えマットを使用したのは
トムくんでした。

カラーボックスの一番下の段を
猫スペースと思っていましたので
ここに、冷えマットを敷いてみましたら、

思惑どおり、使用してくれています。

今のところトムだけですけど。

150809c.jpg
画像周辺のフワフワは、友の体です。
奥にみ~ちゃんが寝ています。


あい変わらず、毎日、猫と友を一緒にしてみています。

多少なりと友のテンションが押さえ目であると
同じスペースにいることができます。

友ちゃんが、それで、どれだけ
我慢できるかに、かかっています。

150809a.jpg
無視され続ける友のために
猫ごはんの失敬は、多少は許しています。
「やけ食い」なのか、「猫の気をひきたい」のか


150809b.jpg
トムのへそ天

猫たちの生態は
あまり詳しく観察したことなかったけど、
じっくり見れるようになると、
こんなことしたりしていることがわかります。
関連記事
あまり進展なく
150808e.jpg
友が猫部屋に「は~~いっ」とハイテンションで入ってくると
トムもにゃん吉もしら~


150808f.jpg
タワーのボックスに避難しているみ~ちゃんを
しつこく覗いたり


友と猫たちの関係は
あまり進展なく、

友のテンションが高いため
猫たちに嫌われてい~る

のままです。

150808d.jpg
乗せてあげれば、乗っていてくれますけど

冷えボードも
積極的に使ってくれる子もなく
 
ふ~ん、って感じです。

みんな、絨毯を避けて
せまいフローリングの上を探して
寝ています。

そういえば、思い出したのですが、
先日、友と猫たちを一緒にしている時に
トムが何やら、台所のワゴンの中の
小さな物入れ(やっと自分が入れるくらい)に
入り込んで

ゴソゴソ ゴソゴソ

猫って、何で、あんな狭いところへ
入りたがるのだろうっと
感嘆していたのですが、

後から、そこに、「またたび(袋+ケース入り)」を
保存していたことに気づきました。

両親と猫達が暮らしていた頃、
しょっちゅう、逃亡する猫たちを
またたびで引き寄せていたのでした。

両親の家に保存しておくと
ガサゴソ暴いてたいへんなので
我が家で保存していました。

流石猫ちゃん、良く鼻が効きます。

はやく、友と猫たちの仕切りを
とっぱらって、自然に過ごせると
いいんだけれど。
関連記事
冷えマット(石)
150801a.jpg
だあれも相手をしてくれな~い

150801b.jpg
猫のごはん、食べちゃえ!

ペット快眠大理石ボードを試してみました。

こちらは名古屋のはずれです。
年々暑さが厳しくなるようで、
今年も猛暑が訪れています。

加えて、現在、解体、造成続行中。
お盆まで続きます。
灼熱の中で、1日働いて下さっている方たちを
間近に見ていますので、

音がたまらない、振動がする、
ほこりがたつ、近所迷惑が気になる、
などと、思う事はあっても、

仕事だからと身を張って頑張って
下さっている方たちに申し訳ない気持ちが
勝ってしまいます。

とは言え、少しでも家の中で
快適に過ごせるようにと、
冷えマットを今年も挑戦しました。

ペット用の冷えマットもいろいろ発売されていますが
なかなか、これはっというものに巡り合えません。

そんな中、
今年は大理石のボードに挑戦しました。

まずは、友用に2枚購入しました。

2枚合わせて、友に使ってみたのですが、
なかなか、自ら乗ってはくれません。

150801c.jpg
ずりずりっと乗せてあげると、じっとしています。

なので、猫たちに1枚提供してみました。
友と猫達、誰が早く気付いてくれるか
競争です。

150801d.jpg
一応3匹とも試してみました。
一旦は寝ていますけど、
降りると、自分から乗ることはありません。


自ら乗ってくれるようになったら、
猫に1枚づつ、
友に2枚、買おうと思います。
関連記事

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.