FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (170)
猫 (101)
犬猫 (107)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

6回目の祥月命日
shelly

おでぶのシェリーちゃん


今日はシェリーちゃん、6回目の祥月命日です。
今頃、どうしているのかな?
どこかに生まれ変わっているのだろうか?
可愛かったシェリーちゃん、
今でも、しょっちゅう話題に上っていますよ。

私も父さんもあれから6年、年を重ねました。
友ちゃんは、6歳です。

まだ子犬だった友ちゃんは、あの頃、少し離れたところで、
とても、辛い想いをしていました。

シェリーちゃんの魂が、友ちゃんのところへ飛んで行って、
「きっと、助けてあげるよ」っと言ったのかしら
シェリーちゃん、ありがとうね。
関連記事
スポンサーサイト



やっと、ワクチン接種
友120627

み~ちゃんも一段落しているので、本日は1ヵ月遅れで、友のワクチン接種に行ってきました。

実は昨晩というか、早朝というか、午前3時にに「起きて、起きて」という父さんの声に起こされました。12時半くらいに寝て、ちょうど、ふか~い眠りの最中です。夢かうつつか不明の状態でいると、「友が、ゲボしたっ」という、父さんの声がします。見ると、確かに・・・未消化のドッグフードがこんもりとしています。

何だか、とろとろの状態で(私が)、ふらふらしながら片付けました。友ちゃんはすまなさそうにしています。

気にしなくても、いいんだよん、友ちゃん。

このところ、朝は食欲がなくて、朝ごはんの残りを夕方食べたりして、そのあと、夕御飯も一人前食べる生活が続いていました。おそらくそれが原因でしょう。夜になってから、胃がぱんぱんになるまで食べて、とうとう消化できずに、上に出てしまったという感じでした。

朝になると、友ちゃんは元気で、朝ごはんも食べたし、問題ないようなので、ワクチン接種を敢行することにしました。

獣医さんの診察台に上がると、がくがく、ぶるぶる、腰が抜けそうです。
女医さんに補定されて、先生に注射を打たれました。
そのあと、肛門腺を絞ってもらいましたが、「よく破裂しなかったね」と言われるほど、溜まっておりました。友ちゃんのは液体のさらさらなんですが、それでも、上手く出ないのです(とほほ)
その間も、立っていてねと言われたところで、立っていられないほどの震えようです。

お疲れ様でした~。これで何もなければ、来年まで獣医さんへ行くことはないでしょう。

3にゃん

にゃんこたちにも、いつもの日常が戻ってきました。
25日に抜糸をして、26日の午後にカラーを外しました。
カラーを外しても、み~ちゃんが、トムやにゃん吉の前に姿を現すのは2週間ぶりです。
どんな待遇を受けるのか、心配しました。

み~ちゃんは、用心深く、猫部屋のキャットタワーなどを匂いをかいで回ります。トムはおそるおそるみ~ちゃんに近づきました。にゃん吉は、離れていきます。みんな、居場所が定まらず、用心深く様子を伺っています。

み~ちゃんは、ずっと、身づくろいができずにいたので、カラーのあたりを念入りに、それから顔洗い、全身を自分でエステです。

1時間くらい、様子をみていましたが、特にみ~ちゃんを襲う様子はないので、私はいったん家にもどりました。

それから、丸1日たって、今日は何とか、前の状態に近くなってきました。
これからは、また、元の日常です。
もう大丈夫でしょう。猫のみなさま、お疲れ様。

画像は手術前のものです。

関連記事
み~ちゃんの検査結果
カラーの中

今日こそ、カラーを外す許可をもらうぞ~~っと、意気込んで、朝一番で獣医さんに乗り込んだのでしたが、診察台に上がる前に、獣医さんから、「病理組織診断が出ているので、ちょうどよかったです。」と、診察よりも、先に、検査結果を見せてもらうことになりました。


病理組織診断名

起源不明の肉腫 sarcoma not otherwise specified

よく読んでいきますと、要約して、

・悪性神経鞘腫の可能性が最も考えられる。
・転移はまれであるが、浸潤性が高く増殖するのが特徴である。
その場合、リンパ、血液に乗って、肺に癌がでやすい。(現在それはない)
・正常部分との境目がはっきりせず、不完全切除になりやすい。
その場合、再発が起こりやすい。

というようなことが、書かれていました。


いつ、再発が起きるのか、それとも、起きないのか、それを持って、その後の事は考えることにします。


今日は何とか、カラーを外してもらって、み~ちゃんの当面直面しているストレスを軽減してあげたいと思ったのですが、なかなか、うんと言ってもらえません。

予想外に抜糸は全部できました。

ちょっとだけ、かさぶたが残っています。きっとむずむずしているはずです。
カラーを外すと、きっとなめなめして、かさぶたも自力でとって、傷口を赤くしてしまうかもしれない。
もう、1~2日、そっとして、ひとりでにかさぶたが落ちるところまで、我慢できるといいのだけど・・・。
あなたの判断で、適当な時に外してあげてくださいと言われました。

そう言われると、もうちょっと我慢だねぇと、ついついみ~ちゃんに話しかけることになります。
明日のお昼に外出から帰ってきたら、外してあげようと思います。
トムとにゃん吉から、どのような待遇を受けるかも、心配の種なのです。

こういうことは、すべて良いことを思い描くに限ります。

明日のお昼には、み~ちゃんもすっきりするし、
トムもにゃん吉も、カラーのないみ~ちゃんは大歓迎で、優しく迎えてくれるというイメージを心に思い描いておきま~す。
傷口は奇麗に治って、再発などあり得ず、猫たちにとって、すべて良い状態にある、そういうイメージを思い描いています



関連記事
やっと、お風呂に
tomo120623

やっと、やっと、友ちゃんをお風呂に入れました。

なんと、先回の入浴から、半年が経過しております。。。

さぞかし、お風呂に入りたかったことでしょう

え~っ、ほんとかしらん と、思うのですが、

ほんと、友ちゃんは、「びびり」の割には、お風呂は大丈夫なのです。

お風呂に入るとわかると、テンションは上がりますけれど、怖いということはないようです。
変なもんですね。でも、助かります。
それに、ドライヤーも好きなようです。うっとり~しています。

だから、半年ぶりの入浴というのも、ひとえに、母さんの怠慢なのです。

言い訳はいろいろありますけれどね(笑)

・腰が痛い - 友ちゃんを洗う姿勢は、一番きます。
・雨の日はできない - お天気の日はたくさんあったはずです。
・毛が抜けてからにしたい - それじゃあ、夏しか洗えないじゃない。
・友ちゃんは臭くない - なんじゃ、それ。

まだまだ、考えれば、いくらでも思いつきますけれど、このくらいにします。
さらさらの毛になって、触ると気持ちいいです。
触られるの嫌いな友ちゃんを、無理やり捕まえて、触っています。


今日のみ~ちゃんは、可哀そうなことをしました。
最近は慣れてきているので、訪問間隔が減って、時には一日に3回で済ませていることもあります。
ごめんね~~、み~ちゃん。

それへの抗議ってわけでもないでしょうけれど、
嘔吐していたのです。
畳の上に、少々、嘔吐の痕がありました。
み~ちゃんを見ると、カラーの中のあごからのどの部分がべたべたです。
大急ぎで、カラーを外して、身体を拭いてあげました。
カラーの中は、自分でなめたのだろうね。きれいになっていましたが、もう一度、きれいにしました。

時々、嘔吐するので、大丈夫かなあとは、ちらっと思っていたのですけど、
何も対策せずに来ていました。
ごめんね、気持ち悪かったね。
やっぱり、後、3日、できるだけ、様子を見に行くからね~。
関連記事
よく聞いている
t120619

友ちゃんは、実によく、人の会話を聞いています。
じっと聞いていて、表情や雰囲気から、何を話しているのかを察知します。

おしゃべりでもあります。
何か話しかけてくることは、しょっちゅうです。

いつも、ご飯の時には、友ちゃんに、2階にいる父さんを呼んできてもらいます。
一応、父さんを呼んできたら、友ちゃんもご飯ということになっています。
友ちゃんは食欲があったり、なかったり、さまざまなのですが、それと関係なく呼びに行くことが大好きです。

呼びに行きたくなると、私のところへ来て、「父さん、呼んできていい」と聞きにきます。
「友ちゃん、まだ早いわ。」と答えても、「いいもん、行くもん~」って、勝手に行ってしまいます。

友ちゃんに騙された父さんが、降りてきて、「あれ、まだご飯じゃないの?」って言うこともありますけど、私、知らんもんねぇ~~~。


み~ちゃんは、一人暮らしにも慣れてきました。
やっと、一週間が経過。あと一週間ありますけれど、これからの一週間は、前の一週間よりは早く過ぎることでしょう。
み~ちゃんのお部屋を訪ねると、すり寄って来て、お膝に上ってきて、眠ります。私が玄関を開ける音に反応して、み~み~と呼びますけれど、そうじゃない時には、ひとりで、お布団で丸くなっています。
猫ですから、何かなめていたいらしくて、カラーの内側をべろんべろんになめています。
関連記事
元気になってきました
み~ちゃんのこと、ご心配頂いてありがとうございます。
お陰さまで、日に日に元気になってきています。

み~ちゃんの顔


カラーの中のみ~ちゃんの顔です。
エメラルトグリーンのお目目に星が入っています。
カラーにも、少し慣れてきました。
野性味の強い猫ちゃんは、順応性も高いです。

お水飲んでます


お水は上手に飲めています。
夕べくらいから、食欲が出てきました。
今朝出かけて行くと、食器がひっくり返って、キャットフードが散らばっていました。
カラーをつけていても食べられるようにと、急遽食台を買ってきたのですが、うまく食べれなかったようです。でも、食べる気になったようで嬉しかったです。
一日3回、カラーを外して、ついていて、食事をさせています。

ひとりで、寂しいのか、ずーーっと、みゃーみゃーと子猫のように鳴いています。
私が行くと、膝の上に上がってきます。
寂しいんだろうね。皆と一緒にしてあげたいけど、カラーをしていると苛められるし、外せば、傷を舐めるし・・困ったもんじゃ。

と、今日の夕方まではこんな感じでしたが・・・

偉いもんですねぇ。

今日、午後8時に行った時には、キャットフードが上手に食べてありました。
カラーをしたままでも食べられるようになったんだね。
私が、玄関を開けると、察知して、みゃーみゃーと鳴きますけれど、そうじゃない時には静かにしているようです。
この時も、ご飯を食べて、少しお膝の上で遊んであげて、「もう行くね」と、そっと下ろすと、後を追わずに、お布団の上にあがって、寝る体制に入りました。

偉いぞ。み~ちゃん、頑張れ。
今、一日に6回、通っています。
抜糸するまで、一生懸命、応援しているからね。
関連記事
無事にもどってきましたが・・
術後

み~ちゃんのこと、ご心配頂いて、ありがとうございます。
無事にもどって参りました。
今、寝ているのは、高さ1m以上ある本箱の上です。
ここが安心できるようですが、いったい、どうやって降りるのでしょう。
猫は強いです

血液検査、全身のレントゲンで、異常がみつからなかったので、手術決行となりました。
小さなお手手で、8針以上縫っています。
ごっそりとえぐりとってもらいました。骨には浸潤していなかったようです。
悪性か、良性かは、病理検査の結果が出てからの判断ですが、その後はまた検討するということに保留してあります。

家に帰ってきてからが、大騒動になりました。
もう1日くらい、入院させたいと思ったのですが、ストレスフルなので、家でゆっくりさせてやって下さいと言われて連れて帰ってきたのですが、家で、キャリーバックから出したとたん、予想しない展開になってしまいました。

トムとにゃん吉が突如、み~ちゃんめがけて猛攻撃を始めたのです。
み~ちゃんは走ろうとして、ぎゃっと悲鳴をあげました。痛いよね、そりゃあ。
それでも、2匹の追撃から逃れるため、走りまわり、飛び上がり、カラーがひっかかって、落ちて、と、必死で動くことになりました。

私はというと、み~ちゃんを救おうと、抱き上げようとして逃げられ、立ちあがった瞬間に廊下の手すりで、いやというほど頭をぶちました。いったぁ~~ 目から火が出て、しっかりこぶができました。

消毒くさいのを嫌うのはわかっていたのですが、後でわかったのは、エリカラが怖かったのだろうということです。カラーをつけたみ~ちゃんが、何か異様なものに見えたのではないでしょうか。

猫なので、カラーなしでは、傷をなめまわすことは必至、取るわけにはいきません。
2週間(できれば1週間にしたいが)、み~ちゃんを個室に閉じ込めることにしました。
み~ちゃんは、カラーがストレス、閉じ込められるのがストレス、、、
う~~~ん、可哀そうですが、慣れてくださいと祈っています。
関連記事
み~ちゃんの入院
み~ちゃん

突然、み~ちゃんが、入院、手術することになりました。

毎朝、お花の水を台所の流しで替えています。
この時に、いっつもお水を飲みに上がってくるのが、み~ちゃんです。
「お水はいつも飲めるようにしてあるから、私が流しを使っていない時に飲めばいいのにぃ。」なんて、言って、み~ちゃんをどけようとして、ぎょっ としました。

最初は、えっ 何を踏んだの って感じでした。

前脚のかかと部分のところに、赤みがかったピンクの梅干し大の物がくっついていたからです。

触ってみて、さらに、ギョッ としました。
とれない。 皮膚が(肉球が?)盛り上がっていたのです。
傷が化膿したにしては・・・変です。痛そうでもないです。

こういう時には、心臓が、高鳴ってしまいます。


朝一で、獣医さんに連れて行きました。
めったに獣医さんへ行かない、み~ちゃんなので・・。

「どうしました?」と問われ

「前脚の裏が、真っ赤に腫れているので・・」と答えると、

「怪我して、化膿したのかな?」「診てみましょう~」と、おっしゃったのですが、

実際にまのあたりにして・・・・
嫌がって動いたはずみで、自分の爪で傷つけると、腫れから出血しだして、なかなか止まりません。

「腫瘍です。このままでは、傷つくし、とにかくこれだけは取りましょう。」
「そして、もし悪いものだったら、腕を切断しないと・・」と、突然の宣告になりました。

腕の切断は、私は考えていない、そのことは獣医さんに伝えました。
よく診てもらうと、小さな腫瘍が他にも回りにありました。

こんなになるまで、気がつかなくて、ごめんね、み~ちゃん。
余命が縮んでも、み~ちゃんが穏やかに過ごせるようにしたいと思います。

今日は検査して、あした手術です。




関連記事
トムのワクチン接種
トム120609

昨日、トムのワクチン接種に、再挑戦しました。
先日出かけて行った時には、38度8分の熱で、微妙に微熱ありなので、ちょっと見合わせましょう~になっていました。

昨日も、いや~んとは言っていましたが、すんなりケージに押し込むことができました。
トムも年をとったということですね。
体温も、38度2分と、平熱になっていましたので、無事にぷちゅっとお尻に注射しました。
丸一日、特に変化もなく、無事に今年も終了です。

因みに、み~ちゃんは、接種後どうしても、具合が悪そうなので、2年ほど前に、ワクチン接種するのを止めています。

cats120609

寂しい3猫たちは、私が行くと、みゃぁ~~と皆集まってきます。
み~ちゃんは私のひざの上です。
トムはすぐそばを占領して、くしですいておくれ~っとアッピールします。
にゃん吉は「僕はいいも~ん」と、いつも離れているのですが、この頃は、そばまでは来るようになりました。
みんなゴメンよ。なるべく行くからね
関連記事
グリニーズタイム
グリニーズ

友ちゃん、至福の時です

これから、舐めて、柔らかくして、それから手で挟んで、ゆっくり食べます。
毎日、夕食後の、このひと時を、首を長くして待っています。
関連記事

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.