FC2ブログ
友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然
里親募集サイトからやってきた犬の友ちゃん、両親の忘れ形見で、元外猫の3匹の猫たちと、パンドラの日常をつづります。

こちらもご覧下さい

↓メールはこちらへお願いします
(*を@にかえて下さい) pandora*r4.dion.ne.jp

↓インスタグラムに参加しています
tomotomunyan

↓ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!

プロフィール

パンドラ

Author:パンドラ
里親募集サイトからやってきた、柴犬mix♀の「友」と、両親の忘れ形見となった、外猫から昇格の3にゃんこ(み~♀、トム♂、にゃん吉♂)の母パンドラです。友の心の姉の先代シェリーも登場します。動物家族とパンドラのことも楽しくつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (2)
犬 (170)
猫 (101)
犬猫 (107)
パンドラ (194)
未分類 (7)
親の家の片付け (9)
さとう式リンパケア (4)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

「触れるだけ」世界一簡単なペットケア(深津利子著)を読んで
181210a.jpg
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E3%80%8C%E8%A7%A6%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%A0%E3%81%91%E3%80%8D%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AA%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B1%E3%82%A2

サトウ式ペットリンパケアマスターであり
もと、盲導犬訓練士の深津利子さんの
本(Kindle)です。

友ちゃんに、できることを、と思って買いました。

読んでみて、頭をが~~~~んと揺さぶられた感じ。
私のこと(のようなこと)が書いてありました。

~~~~~~~~~~~
以下、私の翻訳ですので、正確にそのとおりでは
ありませんが、そんな感じのことも書いてあります。

・・・ペットへの依存かもしれない。
重すぎる愛情がペットの具合を悪くすることもあります。
お金をかけて自己満足し、自分が安心したいから獣医科病院へ
連れていく。(本当に重大な病気はもちろん別)

まずは自分のことを大事にするのが大切。
でないと、ペットを本当に大事にはできない。
緩んだ体と心で、いつも笑顔でペットと接してください。

動物は自分で癒す力(免疫力も)を持っている。
それを信じることも大事。

その力を助けるためには、
楽しく接する(必死になったり、頑張れと言わない)
リンパケアが功を奏するから。
~~~~~~~~~~
これは、まさしく以前の私の姿。
何となく気づいてはいましたが・・
今、はっきりと目が覚めました。

先代犬のシェリーちゃんに~
私の継母に~、父にも~。

自分のことはほっぽっといて、がちがちの心と体で
「良いと言われることは何でもする~」っと、
鬼の形相で(あるいは涙で)、頑張っていた私。

やれることは何でもやっていると自分が安心したかった。
笑顔をどこかに忘れていました。

今も、友ちゃんに、にゃん吉くんに、
もう一度、それをしようとしていたのかもね、っと
はっとしました。

関わってきた、みんなが、
まずは、私が私自身をケアして、大事にして、
笑顔でいることが大切だと
教えてくれていたんだなぁ~って

あらためて、思いました。

友ちゃんにも、猫ちゃんずにも、
ゆるゆると、楽しくリンパケアしていきます。

深津さん、ありがとうございます。
スポンサーサイト



呼吸が楽になると、楽しくなる
さとう式が 呼吸に乗り出した

さとう式は 呼吸を楽にする方法だった

この二つのさとう先生のブログを読んで、嬉しくなりました。
私が最初にさとう式の施術を受けた時の感想が

「呼吸が楽になったぁ~」だったからです。

5ヵ月前に、さとう式の施術を受け始め、現在も続行中です。

主訴は、「巻肩」「脊柱側弯」「外反母趾」
始めはそれらが繋がりがあることも分かりませんでした。
(さとう式だと、そのどれもが別個に改善できるのだと思っていました)

さとう式リンパケアの目的は、身体を腔にすること。
そのために、縮んでいる筋肉を緩め、ほどき、
体の60%を占める水分が筋肉に行きわたり易くする。

順番は、耳から始まり、口、首、胸、腹、と腔を作るように整えていく。
耳から腕へ、耳から足へと整えていく。

どういう不調であっても、順番は大体同じ、アプローチも同じらしい。
(重きをおくところは違ってくるかもしれないけれど、耳から始まるのはみな一緒)

最初の施術で、つぶれていた胸腔を整えてもらった時の感動が
「呼吸が楽になったぁ~」だったのです。

それは、思いもかけないことだったのです。
それから、オカリナを演奏すること、歌を歌うことが、少なからず楽になりました。
パフォーマンスも向上して、楽しさが増しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*私の思い込みで書いていますので、正確ではないかもしれません(__)


オカリナ演奏会前日のこと
180825a.jpg


オカリナ演奏会は無事に終わりました(感謝)

まず、その前日(昨日)のことです。

実はその4日前から耳が猛烈に痛かったのです。
原因ははっきりしています。
イヤホンで音楽を聴きながら眠るのが習慣です。

その前に、さとう式で、首が整ってきて
以前の自分の首に合わせた枕が合わなくなり
低いうすい枕に替えたところでした。

なので、横向き寝になった時
イヤホンが耳にぐっと当たり、
耳の中が打ち身のようになってしまいました。

痛みは問題ではなかったのですが、
痛むために、周りの筋肉が急にとても緊張したのが問題でした。

耳が聞こえにくくなり、
音がぼわ~んと響いて、
そう、まるで、メニエールの前兆みたい。

それで、施術してもらったりはしていたのですが、
4日たって、痛みも薄れてきたし、だんだん良いかなと思ってたのですが、

昨日の夕方から、ムカムカ(吐き気)してきました。
夕ご飯の支度にとりかかる前に、ちょっと休もう、と思いました。
でも、起き上がろうとすると、目が回りそうな気がします。
頭痛もしてきました。

やばいやばい、ここで目まいがしたら、明日はない~~。
結局、夕ご飯の支度はできず、食べる気には到底ならず・・。

じっとしていると、少し、吐きがが落ち着いたので
今までの知識で、どうしたらいいのか、考えました。

痛むところの周りの筋肉から過緊張して
それが周りの筋肉へ伝わっていく。だから、元から緩めていく。

緩め方は、そっと手を触れて、呼吸する。
さらに、そっと手を触れたまま、手をキラキラ、グーパーと動かす。

耳たぶまわしをして、
フェイシャル5ラインをして、
それから耳回り、首、肩くらいを繰り返し繰り返しやってみました。

夕飯抜きで、休んだり、リンパケアしたりを繰り返して
夜には吐き気も治まり、動けるようになりました。

眠って、朝が来て、大丈夫になっていました。
セルフケアできる、って自信がつきました。

これまで、悩みだったメニエールも耳回りの過緊張だったのだ。
(緊張の理由は精神的なものだったのだろうけど、対処は同じ)
この気づきは私にとっては大きい。
自分の身体を労わるコツがわかってきました。


夏バテ・・さとう式リンパケアで快方へ
今日は長いです。
ここ5日間の私の不調から快方への記録です。
私の備忘録なので、ご興味ない方はスルーして下さいね。


延々と熱帯夜が続く中部地区です。
そんな8月8日の早朝、
暑さで悶々として目覚めた時(エアコンは入れているのに)
左を下にして横向き寝をしていて、左を噛み締めていると思いました。
左の奥歯の上と頬が痛かったからです。

朝起きてみると
左側上半身全体、顔、首、肩、背中が凝り固まっていました。
これは、いけない~っと(食いしばりか、寝違えか)っと
自分流で、左の痛むところを緩めるセルフケアをし続けました。

で、なんとか落ち着いてきたのかなと思いつつ1日が過ぎましたが
その晩、12時に寝て、直に2時半頃、またも暑さで目覚めてしまいました。
そこで、エアコンの設定温度を下げればいいものを、
体感温度の合わない夫に遠慮して、私が部屋をでました。

別室でエアコンを入れたのだけど、布団もない状態なので
熟睡できず、朝を向え、最悪状態になりました。
頭も痛いし、生あくびばかりでる・・・。

8月9日は、リンパケアの施術の日だったので早速相談しました。
診てもらうと、右側が固まっている、
きっと右を噛み締めたと思うけど、施術は左右バランスよくしないと
っと、上半身中心に体全体をいつもどおりのケアを受けました。

そこで、2つ目の遠慮。
かなりひどい状態だったので、それをもっとしっかり伝えるべきだった。
それに、施術後、少しましになったかな、っと思ったので
とても、すっきりしたとも思えなかったけど、
「ありがとうございます」と帰ってしまいました。

本当は咬筋を緩める奥の手があったのだそうだけど、
それは紹介を受けただけで、施術は受けずじまいでした。
その時に受ければよかったね。

で、この日は、夜早く(10時くらいには)
エアコン設定多少低めにして、犬の友と一緒に早参りしました。
熟睡できて、頭痛や生あくびは止まりました。

翌8月9日、最悪の状態は脱したけれど、
顔の鈍痛、肩、背中のコリはまた出てきて、ちょっとしんどい。
それに、メニエールの前兆みたいな感じの耳の閉塞感が出てきてヤバイ。

なので、8月10日、本日もう一度ケアをお願いしてきました。
右側を喰いしばって右咬筋が収縮、首、肩、背中に連動して、右側巻肩復活。
左側の顔の筋肉が引っ張られて、痛みだした。
顔の筋肉が収縮しているので、目の下にたるみができて盛大な目袋ができてしまっていた。
顔の筋肉を緩めてもらうと、目袋収縮。(高価な化粧品は要らないです)
喰いしばりで収縮した筋肉を緩める、奥の手を施してもらい、今度はきっと大丈夫そう。
何より安心感が持てました。


また、いろいろ勉強しました。
・遠慮は禁物・・誰にとってもいいことはない。
・さとう式の理論:収縮した筋肉の反対側がひっぱられて、そちらに痛みやコリがでる。
だから、痛むところではなく、反対側を緩めることが大事。だけど、左右バランスよくも大事。
・ひとつの筋肉の収縮は、すぐに連動して下の筋肉に伝わる。
だから、不調を治すには、耳に近い方(上方)の筋肉を緩めることから始める。


自分の不調がある程度治まったら、ちょっと本気で勉強してみようか、
っという気にも、チラリとなっている。それはまだ未定。

copyright 2005-2007 友わんこ & 3にゃんこ & パンドラの徒然 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.